まや弁当

弁当のおかずに野菜料理を、手作り簡単おかずときれいな詰め方のコツ

投稿日:

先日お弁当を持って
近くの公園へピクニックへ行ってきました。
(トップ写真)

うちの旦那さんはいつもお弁当を持って
仕事へ行っているので、
普段からお弁当のおかずになるものは
いくつか作り置きしておくことが多く、
この日のお弁当も作り置きしておいたものや
即席で用意したものばかりですが、
彩りがいいのはもちろん
身体に優しいものしか入っていないのが
自慢のオール手作り弁当
です。

 

スポンサーリンク
  

弁当のおかずに野菜料理を、

 
食事は玄米菜食で料理を作ることが大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

私は肉魚卵乳などの動物性のものを
まったく食べないヴィーガンに、
今年に入ってからなりました。

人は食べたものからでしか作ることができないから、
「食べる」ということは
おいしいだけでなく安全であるべきものであり、
ごはんを手作りすることは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけに関わらず、
「行い」と「想い」をも、
「不自然」なものから「自然」なものへと正せることで、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
この地球にも優しくなっていけると思うのです。

  

お弁当についての記事は
これまでもいくつか書いていますが、
お弁当のおかずを簡単手作り、根菜とちくわの甘辛煮と、食中毒予防
お弁当のおかずを簡単手作り、卵とツナのスクランブルボール
お弁当のおかずを簡単手作り、しめじともやしのナムル
(まだヴィーガンではなかった頃に書いた人気記事です)

私がヴィーガンになったこともあり、
しばらく動物性のものは
我が家には置いていないし買ってもいません。
(お義母さんから月に2~3度卵を頂きますが、
私は食べられないことは理解してくれています)

様々な面からもう動物は食べたいとは私は思えないし、
食べるものだけでなくどのようなものでも
支持したいと思えるものにしかお金は使いたくありません。
(こちらも人気記事なのでぜひどうぞ
ヴィーガンに私がなった理由ときっかけ、体調の変化と誇りに思うこと

なので私も旦那さんも、
食事は野菜や穀物や大豆が
主なメインになっているのですが、
それらを使ったおいしい料理やおかずは
思っているよりもたくさんあるし、
何より自然においしいものはあまり手を加えない状態が、
味はもちろん身体にとってもとてもおいしい
のです。

 

全部手作りのおかずたちと簡単ポイント

  

お弁当の中身は時計回りに、

・わらびもち
・きんぴら
・茹でブロッコリー
・いちご
・玄米おむすび
・さつまいもグリル
・大豆ミートから揚げ

  
きんぴらはにんじん、ごぼう、
れんこんを食べやすく切って、
ごま油をひいたフライパンで炒めていって
醤油、みりん、鷹の爪で味付けして、
最後に白ごまを散らしています。
(こちらもどうぞ→毎日まや弁当、簡単おかずすべて手作り~れんこんの塩きんぴら~

スポンサーリンク

きんぴらだけでなくどんな煮物でも、
材料に火が通って調味料を入れて
軽くひと煮立ちさせたら火を止めて放置しておくと、
味がよく染み込む
ようになります。

  
それからもう一品の野菜のおかずは、
もはやおかずというのもおこがましいのですが
グリルにするとどんな野菜でもおいしくなるし、
お弁当の隙間埋めおかずにも持ってこいなのです。

特にさつまいも、じゃがいも、長芋、
かぼちゃやレンコンなどは、
食べ応えがあるだけでなく存在感もあるので、
おかずの一品としておススメです。

 

見ためだけでおいしくなれる詰め方のコツ

 
そして最後に大豆ミートのから揚げは、
大豆ミートのブロックタイプを
漬け用の調味料に醤油とにんにくを使い、
味が染みたら全体に片栗粉をまぶして
ごま油で揚げ焼きしています。

大豆ミートは使ったことがない人でも
簡単においしく調理することができるし、
食感は本当にお肉そのもので、
何より動物の脂が体内に入ることも
もちろんない
ため、
あらゆる症状や病気をはじめ、
ダイエットや美肌などの心配ももちろんありません。
(他にも大豆ミートを使ったレシピは、
こちらも人気です→高野豆腐とかぶのそぼろあんかけレシピ、簡単に肉不使用で作る

そして生焼けなどの心配はありませんが、
二度揚げをすることで
もっとカリカリにおいしくなる
ので、
うちの旦那さんも大好きなおかずのひとつなのです。
(動物のお肉を食べていた頃に書いたもの、
よければ参考までにどうぞ→唐揚げをおいしく揚げるコツは○○○○すること、簡単おうちで手作り

  
お弁当といったらお昼の楽しみ、
私は午前中はお弁当を楽しみに頑張れます(笑)

特に喜ばれるお弁当作りの工夫として、
隙間をできるだけなくすように具を詰めて、
そしてできるだけたくさんの色を使うこと。
(という我が家は茶色が多いですが(笑))

にんじん、いちごの赤、
葉物の緑、かぼちゃなどの黄色、
そしてもっとこだわりたいのが
不自然な人工的なものではなく、
自然な本当の食べ物だけを使って作る
こと。

おかず一品一品に時間と手をかけなくとも、
野菜のグリルのようにあまり手を加えなくても
おいしいものはそのままで、
身体も心も本当に喜べるものだけを入れたいものです。

 

まとめ

 
お弁当のおかずは作り置きしておけるものを
小分けにしてストックしておけば、
朝は入れるだけなので本当に楽です。

我が家は夕飯を作るときに少し多めに作って
よく冷まして熱をとってから、
シリコンカップに入れてタッパーにまとめておいて、
冷蔵庫にだいたい2~3日分を入れています。

それからピクニックなど
外に作ったごはんを持って行って食べる時は、
ゴミはできるだけ出さないように
お皿はタッパーのふたで、
カトラリーも持参するようにしています。

スポンサーリンク

-まや弁当
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.