加工品

コンビニおにぎりは添加物のかたまり、危険性と腐らない理由

投稿日:

ふらっと気軽に立ち寄れて
手軽な値段でいつでも誰でも利用でき、
割と何でも手に入れることができるので、
便利である反面、
「寂しさを生み出し、また埋めるところでもある」
などとも言われるコンビニ。

コンビニに限ったことでもありませんが、
手軽に買える加工食品や
調理済みのお惣菜
などには、
言うまでもありませんが必ずと言っていいほど、
恐ろしい添加物がたくさん使われています。
(ほぼすべてに入っていると言っていいでしょう)

「そんなこと言ったら何も食べられなくなる」
選択はもちろん自由です、
けれど知れることによって
明日からの選択の仕方を変えたり、
何かしらの行動に移すことができるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク
  

コンビニおにぎりは添加物のかたまり

 
食事は玄米菜食で料理を作ることが大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

私は肉卵乳を食べることをやめて半年ほどになりますが、
動物性のものをまったく食べない
ヴィーガンに今は移行しつつあります。

人は食べたものからでしか作ることができないから、
「食べる」ということは
おいしいだけでなく安全であるべきものであり、
ごはんを手作りすることは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけに関わらず、
「行い」と「想い」をも、
「不自然」なものから「自然」なものへと正すことで、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
この地球にも優しくなっていけると思うのです。

  
私も摂食障害時には
食べたいものを買いに行くのではなく、
過食するためのものを買い漁りに
それこそ寂しさを埋めるためのものを買いに、
お店をはしごするなんてこともよくありました。
(こちらの記事内で詳しく書いています→統合失調症の旦那さん、接し方と周りの理解と「治そう」とはしないこと

今では払い込みぐらいでしか
コンビニへは行きませんが、
当時はパンやお菓子やホットスナック、
そしておにぎりもよく買っていました。

冒頭でも書いたように、
おにぎりに限らず加工食品や
調理済みのお惣菜などには、
恐ろしい添加物がたくさん使われていて、
「食べ物を食べている」というよりも、
「添加物を食べている」ともはや言えてしまうのです。

 

危険な化学物質を口にしているんです

 
コンビニおにぎりなどには保存料として、
「pH調整剤」という食品添加物が使われています。
(おにぎりの他にも、
サンドイッチなどにも使われています)

このpH調整剤は食品が時間経過とともに
変質や変色していくことを防ぐこと、
そしておいしさを保つ働きがあるとも言います。

酢酸などの酸が使われていることが多く、
「酢酸」と聞くと聞こえはいいかもしれませんが、
人の手が加えられているので
不自然極まりない化学物質の一種と言えます。

  

(pH調整と検索したらこんなものが出てきました)

このpH調整が恐ろしい理由は、

スポンサーリンク
1.腸内細菌を殺してしまう
→「pH調整」というぐらいなので、
 腸内のpHもおかしなことにしてしまいます

2.リン酸塩や亜鉛といったミネラルを体外に排出してしまう
→骨粗しょう症などの身体への負担だけでなく
 神経過敏など精神面にも影響を及ぼしてきて、
 亜鉛は不足すると味覚障害や傷の修復、
 そして生殖にも深く関係してきます

身体への負担が大きすぎますが、
この化学物質を口にするうえで
なかでもすぐに目に見えることが、
イライラしてキレやすくなったりと
精神面へも影響が出ることです。

  

そしておにぎりの中に入っている具だって
もちろん無添加なわけではなく、
その具の製造段階の時点でも添加物は使われているのです。

どの添加物ももちろん恐ろしいですが
中でも私が最も恐ろしく感じているのが、
発色剤(亜硝酸ナトリウム)です。

 

腐らないものには生命力がなくなっている

 
この亜硝酸ナトリウムは
主にたらこやすじこなどの魚卵を漂白する際
使われていることが多いのですが、
わずか微量でも口にすると
致死量が青酸カリとほぼ変わらないぐらい毒性が強く、
また胃に入った時に発がん性が強くなるという物質
なのです。
(こちらもよく読まれている記事です→数の子に使われる添加物と製造方法、漂白が「不自然」に安全にしている

いきなり死ぬというほどの量は含まれてはいませんが、
こんな危険な物質が
体内に積もりに積もったらどうなることでしょうか。

他にもツナマヨおにぎりの原材料欄には、
「マヨネーズ」とだけよく書かれています。

この場合は本来のマヨネーズの原料である
卵と油と乳だけでなく、
よりなめらかでおいしくするために
乳化剤も添加されている
ことが多いです。

何度も言いますが、
亜硝酸ナトリウムも乳化剤のどちらも
「安全なもの」とはとても言いきれない化学物質なのです。

  
化学物質まみれの加工品=腐らないものには、
本来食物が持っている生命力はもうなくなっています。

私たちは食べ物を頂くから生きていけるのに、
そんな生命力のなくなっているものを
食べても普通に生きていけると考える方がおかしいのです。

 

まとめ

 
コンビニおにぎりには
わたしたちの腸内細菌を殺してしまったり、
精神面へも影響を及ぼすpH調整剤という
添加物が保存料として使われています。

コンビニのお惣菜工場に行ったことのある
友人から以前聞いたのですが、
おにぎり用のお米に「白い粉」を
たくさん振りかけているのを見たそうです。

友人はその光景がとても恐ろしくて、
二度とコンビニのものは
食べられなくなったと言っていました。

そしてもうひとつ知っておきたいのが、
添加物の表示には
「ラベルに書ききれないものは書くことを免除してよい」
という食品表示法というものがあり、
これによってわたしたちは、
原材料欄に書かれている
倍以上の量の添加物を摂取している
ことに、
なっているかもしれないということです。

スポンサーリンク

-加工品
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.