女性のための身体作り

妊娠を望む女性が準備しておく大切なことと赤ちゃんが来れない理由

投稿日:

ほんのわずかと言われる確率で受精に成功すると、
女性のお腹の中には小さな命が宿り、
そしてその命はこの世に誕生してくるまでの間、
お母さんとまさに一心同体で過ごしながら大きくなっていきます。

そんなまさに奇跡を起こすためには、
愛しくて尊い存在の赤ちゃんが
「来やすくなる(来たくなる)環境」を、
お母さんとなる女性が整えてあげることが大切です。

こうしたら必ず来てくれる、
なんて言えることではもちろんないけれど、
環境を整えていくということは誰にでもできること、
また赤ちゃんがなかなか来れない理由についてを、
ちゃんと知ることでできる準備もあるかと思います。

心地良く少しでも穏やかな気持ちで、
赤ちゃんを迎えられる女性が増えたらいいなと思いながら、
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

妊娠を望む女性が準備しておきたい大切なこと

 
自然でシンプルな玄米菜食が大好き、
栄養士でナチュラルフードコーディネーターのまやです。

私は2018年の夏から肉と乳製品を、
そして2019年からは魚や卵やはちみつなどの
動物性のものを食べないヴィーガンになりました。
ヴィーガンに私がなった理由ときっかけ、体調の変化と誇りに思うこと

人の身体と心は食べるもので作られているから、
「食べる」ということはおいしいだけでなく安全であるべきものであり、
また食べるものを「作る」ということは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけではなく「行い」と「想い」をも、
「不自然」なことから「自然」なことへと正していくことができたら、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
人や動物や住んでいるこの地球にも優しくなっていけると思っています。

  

先日の記事→妊娠や授乳を楽しめるために、食べ物と栄養について気をつけたいこと
がたくさんの方に読まれていて、
とても嬉しく思っています。

この記事を見てくれている人の中には、
赤ちゃんが来てくれることを今は望んでいないという方や
今すぐにでも来て欲しいと望んでいる方、
もしかすると胸が苦しくなってしまうような思いで、
記事を見つけてくれた方もいるかもしれません。

そんな私自身も今現在、
赤ちゃんが来てくれることを望んでいるため、
あまり説得力を感じられない、
そう思われても仕方ないかもしれません。

しかし今の私の状況だからこそ、
あらゆる方向から知りたいと思うことを
調べて知ることができていて、
それによって学べたことで私自身も成長したり、
穏やかな気持ちになれていっているのも事実です。

  

妊娠を望んでいる女性によく、
「身体を冷やさないようにね」
と言っているのを聞いたことがありませんか?

上に貼った先日の記事の中で、
赤ちゃんが好むものを食べることで、
お母さんの母乳の質も出も良くなり、
赤ちゃんもよく飲んでくれるようになると書きました。

「身体を冷やさない」ということと「質の良い母乳」、
そして「赤ちゃんが来たくなる環境」、
これらはすべて加工されていない穀物中心の
自然な食事(食材)によって作られる
と共通しているのです。

 

赤ちゃんが来れない本当の理由

 

特に戦前の頃の昔の女性には、
畑仕事などの体力を使う仕事を
こなしていた人が多かったのですが、
米俵を軽々と担いでいる女性の姿を
写真などで見たことがある人もいるのではないでしょうか?

そういった女性はみんな活発で体温が高く、
身体全体はもちろん手足の先まで、
そしてお腹や子宮までもぽかぽか温かいというだけでなく、
骨盤や腰まわりも強くて、
子宝に恵まれていたという人が多かったのです。

スポンサーリンク

すなわち子が宿る子宮が冷えているということは、
少なからず身体は冷えている状態にあって、
健康な卵子が育つための
丈夫な卵巣を準備しておけるためにも、
子宮内をふかふかな温かい状態にしておくこと、
つまり身体全体を冷やさないで温めておくということが、
赤ちゃんが来たくなる環境を作るためには何より大切なこと
なのです。

確かに私たちも冷え切っている場所よりも、
温かくて心地の良い場所に行きたいと感じますよね。

  
また生理不順や重い生理痛に始まり、
子宮筋腫や内膜症や卵巣嚢腫など、
女性にまつわるあらゆる不調や病のほとんどは子宮の冷えから起こっている
とも言われているのです。

身体を冷やしてしまうものばかりを食べ続けてしまっていたら、
神聖な場所である命が宿る子宮内は荒れていくばかりで、
赤ちゃんが来やすくなる環境どころか、
身体の状態はどんどんと良くなくなっていってしまうのです。
上白糖の危険性と影響を知って、身体と心のために調味料を選ぶ
ナプキンの選び方、化学物質の怖さを知ってオーガニックを選ぼう
冷えを改善するための食事と過ごし方、体温を上げて幸せな気持ちに

 

また昔は今ほど食べられるモノが多くはなかったため、
小麦よりも断然お米を食べる人が多かったし、
穀物中心で未加工の食材で作る食事を摂る人が圧倒的に多く、
まさにシンプルで自然な食事がキレイな血液を作って、
それが全身を巡って身体全体の温度を高めて、
心身ともに健康で穏やかな状態にしてくれていた
のです。

 

自分を愛せるきっかけに

 
靴下や腹巻などの外から温める物だけでなく、
身体を作っていくうえで内側を温めるものを摂る、
これらのことを知って考えると、
割と多くの現代の人が好んで食べている食事は、
どちらかと言えば、
赤ちゃんが来たがる環境を作るものとは逆のモノと考えられますよね。


様々な面から調べて知ると、
あらゆるすべてのことは繋がっているのだなと
また実感することができて、
私たちはもっと丁寧に生きるべきなんだなとも改めて感じます。

そして少なからず、
「赤ちゃんが来やすくなる環境を作ること」や、
「健康で穏やかな身体を作るため」など、
目的としているものは違えど、
モノの選び方を考えて変えて行動していくことは、
少なからず自分自身を愛せるきっかけになっているとも感じるのです。

  

どちらかと言うと、
一見、身体を冷やすようなことばかりしているように感じる人に、
突然赤ちゃんが来てくれた、
なんてことも少なくないかと思います。

あくまで個人の見解ですが、
赤ちゃんが来てくれたことによって、
お母さんが少しでも、
何かの物事を前向きに考えてくれるタイミングになったり、
そんな時を選んで降りてきてくれるのかなとも、
知人を見ていると感じてしまいます。

赤ちゃんがお腹に来てくれたことで、
自分自身の病気を見つけることができたなんて話も聞きますし、
不思議なようにも感じますが、
言ってしまえば、
食べているものや順番などはどうであれ、
自分(お母さん)を大切にする、
気持ちが穏やかになれるきっかけやタイミングを作ってくれるのも、
赤ちゃんなのかなと思ってしまいます。

 

まとめ

 
赤ちゃんが来たくなるような環境に整えていくためには、
身体を冷やさないよう、
穀物中心のシンプルで自然な食事を選んでいくこと。

決して間違ってはいないのですが、
善くも悪くもこの正しいことが、
頭で考えがちになってしまって、
苦しくなってしまうこともあるかもしれません。
(私がそうでした)

冒頭でも書いていますが、
「これに気を付けていれば絶対に」と言うことはないし、
どちらかの考えに偏ってしまう二極の考えというのも、
持ちたくないと私は思っています。

何かを見つめてみて選択するということが、
あくまで自分を愛せることのきっかけに、
そして穏やかに安心できる材料に、
少しでもなれたらいいなと思います。

スポンサーリンク

-女性のための身体作り
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.