和食

鶏肉の塩麹と味噌のグリルの作り方、簡単柔らかでおいしく作る

投稿日:

塩麹にはお肉を柔らかくする働きがあるというのは、
もはや知っている方も多いと思いますが、
塩麹だけでなく味噌も合わせることで、
柔らかくなるだけでなく、
コクが出ておいしく調理することができました。

このタレは鶏肉だけでなく、
豚肉やお魚なんかと合わせてもおいしく食べられます^^

 

スポンサーリンク
  

鶏肉の塩麹と味噌のグリルの簡単な作り方

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい
 
そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
鶏肉の塩麹と味噌のグリル

材料(2人分)
・鶏もも肉160g~
・塩麹大2
・味噌大2
・酒大1
・油(炒め用)適量
・白ごま(お好みで)適量

鶏肉160g~は、
たんぱく質の1食当たりの最低摂取量として、
片手一つ分=80gで計算しています。

 

簡単だけど少しの工夫で想いやりごはんに、

 

手順
①鶏肉は大きければ食べやすい大きさに切っておく
②ポリ袋にすべての材料を入れて、
 軽く揉みこみ冷蔵庫で1時間は寝かせておく
③熱して油をひいたフライパンに、
 鶏肉のみを取り出して焼いていく。
 焼き目が両面についたら大2の水を入れ、
 蓋をして弱火で蒸していく
④中までしっかり火が通ったら、
 袋に残ったタレを鶏肉に絡めていって、
 全体にしっかり絡んだらお好みでごまを散らしてできあがり

 
簡単においしく作るポイントとして、

1)鶏肉を漬ける時、包丁で少しだけ切れ目を入れる

お肉は塩麹と酒に漬けるだけでも柔らかくおいしくなりますが、
包丁の先端で少しだけ刺して切れ目を入れると、
味が染み込みやすくなっておいしくなります^^

もちろんフォークを使ってもいいですが、
少しでも洗い物を減らすために、
私はいつもお肉を切ったあとそのまま包丁で刺しています(笑)

2)ノンオイルでもできちゃう

ポイントではないかもしれませんが、
なんとノンオイルでも作れちゃいます

スポンサーリンク

ノンオイルで作る場合は、
フライパンに鶏肉を取り出して焦げないように
両面を焼いて大2の水と大2の酒を入れてから、
蓋をして蒸して
いってください。

あとは手順④と同じです^^

 

おいしいごはんのスパイスには、

 
ちなみに味噌を選ぶときのポイントはいくつかありますが、
市販の味噌から”本物”を選ぶポイント。本物の調味料で身体も心も美人に

・酒精が入っていないこと
・添加物(原材料にはアミノ酸などの調味料と記入)が入っていないもの
・国産大豆を使っているもの

味噌を購入するときは裏の表示を見て、
これらに気を付けて選ぶことで、
身体にもおいしく、
優しいごはんを作ることができます^^

ちなみにこの日の付け合わせには、
野菜ナムル(にんじん、小松菜、きゅうり)を作り、
副菜はお豆腐のめかぶかけにしました。

お味噌汁には具材を3種類は毎日入れていて、
この日もごぼうやたまねぎ、
きのこなど具沢山のものにしました。

  
昨夜は職場の新入社員さんの歓迎会でした。
(私は普段、飲食関係の仕事をしています)

しゃぶしゃぶのお店でお肉とお野菜が食べ放題だったのですが、
大勢で食べるごはんはおいしいし楽しかったです^^

何を食べるかはもちろん大事なことですが、
どんな環境で食べるかも本当に大事ですね。

そして、
旦那さんにはほっけを焼いていきました。

「骨多いけどおいしかったよ~」と言っていました(笑)

 

まとめ

 
今日はお休みで旦那さんを見送ってから、
チョコバナナマフィンを作りました。
(もちろん米粉です)
米粉マフィン、バターなしの簡単シンプルなおいしい作り方

最近はお菓子を作るときも、
普段の料理と同じく甜菜糖を使っています。

甜菜糖でもおいしいのですが、
お菓子にはきび糖や黒糖の方が合うかなと思いました。

 
今日は朝から雨ですが、
このあとは1週間分の食材の買い物に行ってきます。
(最近、週に1回の買い出しの日に限ってお天気悪いんですよね)

ちなみに我が家ではお肉も普通に食べますが、
7日のうち4日分ぐらいは植物性たんぱく質にしています。
(お豆腐、厚揚げ、水煮大豆を使います)

理由は植物性たんぱく質は外で食べるのが難しいのに対し、
動物性たんぱく質は外で食べる機会が多いからです^^

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.