からだのこと

麻(ヘンプ)の栄養とその効果とは、健康のために取り入れたくなる理由

投稿日:


麻(ヘンプ)は日本ではあまり良いイメージのない植物。

しかしそのイメージは実は
ここ数十年のうちに作られたものであり、
昔から日本人は麻(ヘンプ)を
とても大切なものとして様々なものに活用していました。

そして日本とは逆に、
世界ではヘンプの活用が今進みつつあるのです。

麻はその優れた栄養素から
健康のために推奨されているだけでなく、
何より実は世界中の環境を改善することにも繋がるのです。

麻(ヘンプ)のことを正しく理解して、
そして生活の中に取り入れて活用してみることで、
得られる効果やその魅力などを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

麻=ヘンプの栄養価の素晴らしさ

 
食事は玄米菜食で料理を作ることが大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

私は今年(2019年)に入ってから、
肉魚卵乳などの動物性のものを
まったく食べないヴィーガンになりました。

人は食べたものからでしか作ることができないから、
「食べる」ということは
おいしいだけでなく安全であるべきものであり、
ごはんを手作りすることは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけに関わらず、
「行い」と「想い」をも、
「不自然」なものから「自然」なものへと正せることで、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
この地球にも優しくなっていけると思うのです。

  

麻にはいくつか種類があるのですが、
もともと日本には多く自生していて
最もたくさん活用されてきたのが麻=ヘンプであり、
他の種類の麻と区別するため大麻(オオアサ)と呼ばれているのです。

その種類の中には、
オイルなどによく使われる亜麻(フラックス)や、
生地としてよく聞くジュート麻(ジュート)などもあります。

  
またヘンプは茎、種、葉、穂、根といった
全ての部位を様々な用途に活用することができます。

例えば茎の部分は衣料や紙や
プラスチックなどの原料として、
葉や穂の部分は主に医療用や肥料に、
根は土壌改良などとして、
そして種や実の部分が食品や食用油などとして使われます。

近年スーパーフードとしても
注目されているヘンプシードは、
麻の実の部分のことを言い、
良質なタンパク質と脂質と豊富なミネラルと、
人間の身体を構成するために必要な栄養素を多く含んでいるのです。

 

その効果と健康のために気になること

 

(動物性のものを食べない私にとっても
欠かすことができないヘンプシードは、
パウダーのものを料理に振りかけて摂り入れたりしています)
ヴィーガンに私がなった理由ときっかけ、体調の変化と誇りに思うこと
ヴィーガンの摂るべき栄養素と健康問題、きっかけとよく聞かれること

たんぱく質
肌・筋肉・髪・内臓・爪などすべての素となり、
絶対に欠かすことのできないたんぱく質は
魚の赤身や肉や卵などの動物性のものよりも、
同じ100gあたりでもヘンプシードの方が
豊富に含まれているだけでなく、
体内で作ることができない必須アミノ酸もすべて含まれているのです。

脂質
生命維持に重要な働きを担う脂質、
ヘンプシードから摂れるヘンプオイルには
人工的に作られるトランス脂肪酸はもちろん、
コレステロールも含まれておらず、
積極的に摂取することで、
良質なオメガ3系脂肪酸が内臓や肌の調子を整えるだけでなく、
生活習慣病などのリスクを下げることにも繋がります。

ミネラル
調子よく過ごせるための身体の構成をするうえで
欠かすことのできない、
鉄・亜鉛・マグネシウムなどのミネラルが特に豊富であり、
これらミネラルも体内で作り出すことができないため、
食事から積極的に摂取しなければいけないのです。

そしてヘンプシードは植物繊維も豊富なため、
腸内環境を整えお通じにも良いと言えます。

スポンサーリンク

  

それから麻を使った生地には
柔らかい肌触りというだけでなく、
含んだ水分をあっという間に乾かすことができる、
優れた撥水性もあるのです。

そしてなんといっても
汚れが奥に入りにくいため、
落ちやすく雑菌が繁殖しにくいのも嬉しいところです。
(衣類をいくつか買ってみましたが、
とってもお気に入りです)

しかしいくら麻がいいものだと聞いても、
大麻(たいま)やマリファナなどと
マイナスな印象が強いためか、
なかなか手を出しにくいものかもしれません。

 

偏見や情報だけに頼ってはもったいない

 

大麻は大麻でもマリファナとは種類が違く、
マリファナにする大麻は
多幸感や興奮を引き起こす成分が
ひとつの大麻に対して20%以上もあることに対し、
食用にされる大麻はそのわずか1%程度
だと言います。

そのためすべての大麻と呼ばれるものが
決して悪いものというわけではなく、
食用として売られているものなら
むしろ積極的に摂り入れたいもの
だと言えるのです。

 
   

それからヘンプは栽培するのに
農薬などの化学肥料の必要がなく、
それでいてなんと害虫などに強いのだと言います。

雑草よりも自然に非常に早く成長するため、
除草剤を使う必要がないから環境への負荷もないのです。

またヘンプは根をくまなく張りめぐらせるため、
麻の収穫後の土壌がふかふかになることから、
痩せた土地を改良するという目的でも、
日本では昔から麻を植えてきたとも言われています。

さらにその土地の土壌が改良されるだけでなく、
冷帯から温帯、砂漠や熱帯など、
あらゆる土地で栽培が可能であり、
土壌中に溜まった窒素濃度を低減させる効果もあると言われているのです。

 

「ヘンプを栽培する」ということは、
育てた麻そのものだけでなく、
育ててきたその土地(土壌)にまで良いことが起こるという、
まさに嬉しいことづくめなのです。

「麻=よくないもの」
その偏見や情報だけで判断してしまうことは、
とてももったいないことだと思いませんか?

 

まとめ

 
まず麻には大麻とマリファナになるものとがありますが、
食用にされるものにはマリファナになるものに比べて、
多幸感や興奮を引き起こしたりする成分が
ごくごくわずかしか含まれていません。

そしてその優れた栄養価は、
麻を肉や魚などのいわゆる動物性のたんぱく質と比べた時、
良質なたんぱく質が豊富に含まれているため、
言ってしまえば動物の油や血ではないから、
脂質だけでなくミネラルといった微量なものも、
良質なものがそこから同時に摂取できるのです。
(こちらも合わせてぜひ読んでください
肉食が危険な理由、消化の悪さとたんぱく質摂取には不向きな理由
肉食をやめてからの変化と効果、ガンの一番ともいえる原因
卵不使用の料理を選ぶ、私が卵を食べたくなくなった理由
牛乳は本当に必要なもの?日本人だけでなく人間の身体に嬉しいもの?

口にするものだけでなく、
衣類や布の生地としてももちろん嬉しいことだらけだし、
何と言っても農薬や化学肥料などを使わなくても育つことや
土壌改良などの面からなども、
麻は世界中の環境を改善することに繋がる素晴らしい植物と言えるのです。

ありとあらゆるモノや選択肢にありふれていますが、
自然を取り入れた生活を、
手軽なものから取り入れてみるというのもいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-からだのこと
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.