からだのこと

薬を使わないで治療する~けが~ 自然治癒力を信じて、

投稿日:

普段薬を使ったり飲んだりしていますか?

風邪薬や消毒液など、
よく使う薬を普段から常備している
家庭は多いのではと思います。

何気なく使っている薬だけれど
改めて薬の必要性などを
ちゃんと勉強していくことで、
薬は極力使わずに
自然の力で治せるものは自然の力を借りて
そして人間が本来持っている
自然治癒力を高める生活

できるだけしていきたいと私は思いました→自然治癒力を高める食べ方と暮らし、戦前戦後の生活から学ぶ

食や健康のことなどについて
日々勉強中の私ですが、
薬を使わずに生活していく方法、
今日はけがややけどをした時の処置の仕方などを
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

薬を「使わない」選択

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
手作りのおうちごはんは安心できるだけでなく、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもので、
おいしく、楽しいもの。

そして「食」だけでなく「行」と「想」をも
「不自然」から「自然」へと正すことで、
本来の自然な私へと還ることができるはず。

幸せと健康を食事から作っていきたい

身体も心もホッとできる
おうちごはんのことや、
まだまだやれることはたくさんあるけれど
少しでも自然と近くなれる
生活の仕方についてなどを、
このブログでは書いていきたいと思います。

  
我が家もまさに風邪薬と消毒液、
そして生理痛の薬は欠かさずに
常備していましたが、
気付けば薬というものたちは
我が家にはなくなっていました。
(旦那さんはまだ飲んでいますが→統合失調症の旦那さん、接し方と周りの理解と「治そう」とはしないこと
これはもう少し様子を見ていきます)

なぜ薬の必要性を考えたかというと、
食のことを勉強していくうちに
私たちが本来持っている
自然治癒力の存在をまずは見直そうと思い、
病院や薬などについても
「このままでいいのか」と疑問を持ったからです。

そしてあらゆる面から勉強していくことで、
「薬は極力使わないで生きていこう」
と私は思いました。

 

けがの治療方法と考え方

 
ちなみになかなか情報が
出回ることはありませんが、
薬やワクチンの事実を知ったら
病院や薬などの依存から
抜け出さなければと感じるはずです。
(これについても別記事で
書いていきたいと考えています)

  
例えば転んだりしてけがをした時、
傷口をきれいにしなければと
消毒液を使うかと思いますが、
これは使わない方が治りやすくなります。
(マキ〇ンやオキ〇ドールも)

スポンサーリンク

傷が治っていくメカニズムとして、
次のようにあります。

①傷口から出血すると、
 止血しようと血小板が集まる
②白血球が傷で死滅した細菌や組織を除去する
③コラーゲンを生成する細胞が集まり、
 傷口をくっつけようとする
④さらに表皮細胞が集まり、
 傷口を塞いでくれる

傷口に砂やほこりがついていると
すぐにでも消毒液を使いたくなりますが、
ここで消毒液を使ってしまうと
大事な血小板や白血球を殺してしまい、
治りが弱くなってしまいます

でも血がなかなか止まらずに
どんどん出てくると焦りますよね。

そんな時に家庭で行うのは、
湿潤療法といって
本当に簡単な処置だけして放置をすることです。

1)まずは止血して血が出るのを落ち着かせる
2)消毒液は使わずに水道水で
 傷口をきれいにする
3)絆創膏などを使って、
 傷を乾かさないようにする
(1日1回以上は絆創膏は交換する)

市販の消毒液にはよく見ると
実は添加物が使われているものもあり、
ここで気づきたいポイントは
添加物はもちろんですが、
余計なものを使わないということです。

 

自分の自然治癒力を信じて

 
「傷を治すのに余計なもの?」
とも思うかもしれませんが、
記述した通り消毒液を使ってしまうと
治してくれるのに大事な
血小板や白血球たちを
殺してしまうことになるので、
治りが弱くなってしまうのです。

それと薬に使われる添加物は、
身体にいいものでは決してありません。
(これもあまり出回らない話ですね)

  
そして程度にもちろんよりますが
やけども同じで消毒液などは使ったりせず
患部を必要以上に冷やしたりもせずに、
放置すること
がいいと言います。

「やけどをしたら患部を冷やせ」
とよく言いますが、
症状が起きているのは身体の一部でも
身体全体は繋がっているので全体で捉えます。

身体はもちろん冷やすことよりも
温めた方がいいので→病気予防のすべては食と暮らしをシンプルにすること
そこから考えると、
やけどした患部を必要以上に冷やしすぎることは
細胞の働きも鈍くしてしまい

これもまた、
治りを遅くすることに繋がるのです。
(それでも痛みがひかない、
症状が治まらない場合は別の処置も必要になってきます)

  
薬などを使わなくても
このように人間には「自然に治す力」、
自然治癒力が備わっています。

ちなみに日本と欧米では
医療に対する考え方が大きく違い、
欧米では家庭でできることは家庭でし、
それでも治療が必要な場合のみ、
専門医に診てもらうと言います。

 

まとめ

 
その土地その国によって
医療に対する考え方は違ってきますが、
日本は添加物や薬や様々なワクチンを使うのが
世界一
と言われています。

自分自身だけでなく
大切な人たちを今後も守っていくならば、
身の回りの様々なことを
知っておく必要があると思いませんか?

そしてけがだけでなくどんな症状も、
薬を使うことで一時的に治まっても
決して根本からよくなったわけではありません
これもちゃんと知っていくこと、
調べていくことが大事だと私は思っています。

スポンサーリンク

-からだのこと
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.