和食

がんもどきのおいしい食べ方、発酵の力で簡単にごちそうおかずに

投稿日:

がんもどきって
どんな風にして食べていますか?

煮物にするのが割と定番ですが、
私は焼いてよく食べています。

でもただ焼くのでは味気ないので
どこの家庭にも大体はある発酵食品を使って、
気付いたら身体にも優しくなっていた
なんてことも狙えちゃう
簡単に作れるおいしいレシピと、
「もう一品」におすすめ
簡単副菜も紹介していきます。

 

スポンサーリンク
  

がんもどきのおいしい食べ方

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
手作りのおうちごはんは安心できるだけでなく、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもので、
おいしく、楽しいもの。

そして「食」だけでなく「行」と「想」をも
「不自然」から「自然」へと正すことで、
本来の自然な私へと還ることができるはず。

幸せと健康を食事から作っていきたい

身体も心もホッとできる
おうちごはんのことや、
まだまだやれることはたくさんあるけれど
少しでも自然と近くなれる
生活の仕方についてなどを、
このブログでは書いていきたいと思います。

  
最近の我が家は豆製品を使ったおかずや
植物性の食材のみでごはんを作っています。
(私が動物を食べたくなくなった理由はこちらからどうぞ→肉食が危険な理由、やめることで得られる効果と本当の健康とは
卵不使用の料理を選ぶ、私が卵を食べたくなくなった理由
牛乳は本当に必要なもの?日本人だけでなく人間の身体に嬉しいもの?

がんもは良く食べている一品で、
紹介するのもおこがましいほど
簡単なレシピですが、
ただ簡単に作れるだけではなく
ちょっとした狙いとポイントがあるのです。

 

簡単にごちそうおかずにするための発酵食品、

 
がんもの挟み焼き

材料(約2人分)
・がんもどき4個
・味噌大3
・みりん小1
・青ネギ適量
手順
①がんもは横半分に切っておく
②ボウルに味噌とみりんと
 刻んだ青ネギを入れて混ぜ合わせ、
 切ったがんもに塗って挟む
③熱したフライパンに
 そのまま②を並べ焼いていき、
 カリカリするぐらいまで焼いたらできあがり

  
発酵食品とは味噌のことですが、
味噌は本当に栄養価が高いだけでなく
腸内環境を整えてくれ、
手放せない一番の調味料だと私は思っています→味噌汁は病気予防とデトックスには欠かせない料理、発酵と腸への効果

スポンサーリンク


(私はお味噌汁を毎日飲まないと落ち着きません)

汁だけでなく煮物や炒め物の味付け、
ちょっとしたコクを出すのなどにも使えますし
常備しておきたい調味料ですが、
このレシピの味噌の代わりに
もうひとつおすすめなのが醤油麹です。

醤油麹も大3~4とみりんを同じように
混ぜ合わせるだけですが、
味噌と同じくコクがあって味に深みも出してくれ
そして醤油麹も同じ発酵食品なので
腸の善玉菌を育ててくれます。

 

身体が喜ぶ食材が「幸せ」を作ってくれる

 
そしてがんもを焼く際に油を使わないのは
がんも自体に油が使われていて、
そのまま焼いても十分カリカリに
おいしく焼けるので、
少しでもヘルシーに楽しむためです。

そのためがんもを選ぶときも、
どんな油を使って作られたものか

ちゃんと知りたいところです。

身体に優しい油の選び方は、
油は加熱すると酸化してしまい
身体を老化させる活性酸素を発生させて

身体の内側を老化させ
シミ、シワを作りやすくもしてしまうので、
少しでも質のいい油を選ぶこと
身体を労わりながらおいしいものを楽しめるのです。

  
この日の副菜に作った
キャベツときのこの豆乳ドレッシング和えも、
3分ほどで簡単に作れちゃいます。
(トップ写真に添えてあるものです)

豆乳ドレッシング

材料(約2~4人分)
・豆乳大4
・味噌小1
・塩麹か塩適量
・おろしにんにく少々
・米油大3~4

手順は材料すべてを
ボウルに入れて混ぜていって、
味見をして塩麹か塩適量を足していき
好みの味と固さになってきたらできあがりです。

この日はさっと茹でたキャベツときのこに和えましたが、
好みの野菜でぜひ作ってみてください。

 

まとめ

 
がんもの挟み焼きは
味噌か醤油麹とみりんを混ぜ合わせて、
横にスライスしたがんもに挟んで
焼いていくだけの、
身体にもおいしい簡単レシピです。

そして「身体に優しい」にこだわるためには、
使う調味料も本物を使っているか、
食材もどんなもので作られている
かなどを
ちゃんと知って選択することが大切です。

ちなみに我が家では
どの料理にも油は米油を使っています。
(写真と違うタイプのものを使うこともありますが、
スーパーで買えるものを使っています)

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.