米粉レシピ

米粉のお好み焼きの材料と作り方、卵不使用でふわふわにおいしく

投稿日:

先日旦那さんとふたりで
お好み焼きパーティーをしました。
(アツアツのうちに食べたかったため、
写真は拾ってきたものです笑)

我が家のお好み焼きは
お好み焼きの粉ではなく米粉を使い
そして卵は不使用で作っていきます。

大雑把な私は
おおよその目分量で作ってしまうことも多いのですが、
材料の種類と割合と手順、
卵不使用でもふわふわに仕上げるポイント、

そしてシンプルな材料だけで
簡単に作れてしまう料理だからこそ、
余計なものを身体になるべく入れないために
食材選びの際に少しだけ注意したいこと
なども、
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

米粉のお好み焼きの材料と作り方

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
手作りのおうちごはんは安心できるだけでなく、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもので、
おいしく、楽しいもの。

そして「食」だけでなく「行」と「想」をも
「不自然」から「自然」へと正すことで、
本来の自然な私へと還ることができるはず。

幸せと健康を食事から作っていきたい

身体も心もホッとできる
おうちごはんのことや、
まだまだやれることはたくさんあるけれど
少しでも自然と近くなれる
生活の仕方についてなどを、
このブログでは書いていきたいと思います。

  
米粉のお好み焼き

材料(約2人分1枚)
・キャベツ
・もやし
・山芋すりおろしたもので約300~450g
・米粉大2
・塩適量
・米油少々

以上のシンプルな材料のみで、
十分おいしいお好み焼きが作れます。

 

卵不使用でふわふわに仕上げるコツは、

 

手順
①山芋は皮を剥いてすりおろしておく
②ボウルにすりおろした山芋、
 米粉、塩を入れて混ぜ合わせる
③キャベツは千切りにして、
 もやしと合わせて②に入れ混ぜ合わせる
④熱したホットプレート(フライパン)に
 油をひいて、
 ③を流して両面焼いて出来上がり

我が家はここ最近肉や魚は
食べないので入れていませんが、
お好みの具材を入れて作ってください。
(こちらも人気記事です、
よかったらどうぞ→肉食が危険な理由、やめることで得られる効果と本当の健康とは

  
卵不使用でお好み焼きを
ふわふわに仕上げるポイント
は、
ずばり山芋をたっぷり入れることです。

材料からもわかるように生地はほぼ山芋なので、
分量は目安としてで
生地の8~9割になるように入れていってください。

生地の繋ぎとしてよく入れられる卵の代わりに
米粉を入れて混ぜ合わせることで、
繋ぎの役割をしてくれます。

  
ちなみにとろろに使われる芋の違いって知っていますか?

とろろは山芋と長芋と大和芋の3種が使われるのですが、
この3つには
栄養価を含め特に大きな差はなく、
山芋=自然薯(じねんじょ)は粘り気が強く、
長芋と大和芋は同じ仲間
山芋と比べると粘り気は弱いですが、
これと言う決まりは特になく、
すった芋を出汁で伸ばしたもののことをとろろと言います。

スポンサーリンク

 

シンプル=自然なものだけが、

 

どの芋にもカリウムとムチンという
栄養成分を多く含んでいるのですが、
カリウムは利尿作用から
体外へ水分を出しやすくしてくれるのでむくみ解消、
そしてムチン(ネバネバ成分)は胃の調子を良くして
消化しやすくもしてくれるので、
便秘改善も促してくれます。

また消化酵素もたくさん含んでいるので、
あまり体調が優れないときや
消化機能が弱っている時などに
とろろにしたり生のままで食べたりすれば、
胃や腸に負担をかけずに栄養素を摂ることもできます

  
以前グルテンフリーの記事でも書きましたが→米粉でりんごと紅茶のケーキ、グルテンフリーを理解しておいしく楽しく
多くの日本人の身体には
小麦粉製品(グルテンン)は
あまり合わない
ことも分かっています。

そして市販のお好み焼き粉には
小麦粉だけでなく
様々な添加物もたくさん入っているので、
作るのに最低限必要な材料さえわかってしまえば
お好み焼きだけではありませんが、
手作りしてしまうのが一番安心して楽しめると思います。

シンプルな食材だけを使って作ることができるかが
材料から見てわかると思いますし、
そうするといかに、
市販の粉が余計なものだらけということもわかってきますよね。

そしてシンプルな食材だけ=自然な食材だけで作った
本来食べ物と呼べるものだけが、
本当に健康と呼べる身体を作ることができるのです。

 

まとめ

 
米粉のお好み焼きは小麦粉はもちろん使わず、
卵不使用でも
山芋をたっぷり入れることで、
ふわふわにおいしく作ることができます。

私は山芋を使ってよく作っていますが、
長芋や大和芋などでも作ることはできます。

そして、
「本当に健康と呼べる身体を作ることができる」
と言う私も、
添加物を完全に避けきることは難しいですし、
まだまだ身体から除ききることはできていません。

先日ある企業のヨーグルトから
大腸菌が見つかったニュースなんかもやっていましたが、
食材から大腸菌が見つかるなんて
考えられなくて恐ろしすぎてぽかんとしてしまいました。

その食べ物が何から作られていて、
そこに入っている食材がどんなものなのか
身体の中でどんな働きをしてくれるのかなど
「調べる」「知る」ことがとにかく必要な時代で、
完全に安全だと言えるものはないんだと、
勉強していて思わされる毎日です。
(乳についてこちらもよければどうぞ→牛乳は本当に必要なもの?日本人だけでなく人間の身体に嬉しいもの?

スポンサーリンク

-米粉レシピ
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.