和食

豚肉のネギ味噌肉巻き、簡単でおいしくジューシーな作り方

投稿日:

豚肉の薄切りと、
実家からもらってきたたくさんのネギを使って
(2人だというのにいつもたくさんくれるのです)
夕飯のメインに豚肉のネギ味噌巻きを作りました^^

材料も味付けもとってもシンプルで、
簡単にできるのにすごくおいしい一品です。

しかも旦那さん嬉しいことに、
ひとくち食べてうなっていました(笑)
(ごはんはもちろん昔話盛りでおかわりです)

 

スポンサーリンク
  

豚肉のネギ味噌肉巻きを簡単においしく作る

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  

材料(2人分)
・豚肉薄切りかロース160g~
・ねぎ
・味噌大2
・酒大2~
・白ごま(お好みで)

手順
①ねぎは白髪ねぎのようにできるだけ、
 細く薄く切っておく
②豚肉はまな板などに広げて端に、
 切ったねぎと味噌を下の写真のようにのせていく
③熱したフライパンに油はひかずに、
 ②を巻き目を下にして並べていく
 焼き目がついてきたら転がして反対側も焼いていく
④反対側も焼き目が付いたら酒を入れて蓋をし、
 弱火で3分ほど蒸していく
 (ジリジリと音がしたら酒を少し足す)
⑤蒸し焼きができたらお皿に盛り、
 お好みで白ごまを振る

 

 

(手順②の写真です)

洗い物をできるだけ簡単に済ますために、
私はいつもまな板にラップをひいてから、
お肉を広げて調理しています。
(それでも必ず洗った後に除菌もしています)

そして味付けはシンプルにお味噌だけ
お味噌の甘みネギも焼くと甘みもでてくるので、
特にタレを作る必要はありません^^

スポンサーリンク

そしてポイントは、
油をひかずに焼いていくこと。

豚肉自身の脂が割と出てくるのでそのまま焼いていき、
(量に驚きです)
さらに酒を入れて蒸し焼きにしていくことで、
お肉自体もふっくらしますし、
余分な油を摂らずに済みます

  
冒頭でも書きましたが、
シンプルな味付けでも(だからこそ)、
旦那さんはうなるほどおいしかったみたいで、
作ってよかった~って思いました^^
(嬉しい瞬間ですね)

 

「身体によい食事」はずばり、

 
外では中華や洋食など、
おいしそうだなと思ったものを食べていますが、
家ではもっぱら和食ですし、
和食が一番落ち着くので、私は大好きです^^
(このブログでも和食ばかり書いていますね)

ちなみに白米ももちろん好きですが、
写真にはのせていないだけで、
冷凍して小分けしておいた玄米もよく食べています。

食事が何よりも大好きなので、
なんでも好きなものを楽しんで食べたい、
そのためにメリハリをつけて調整をします。

  
私は本をよく読むのですが、
最近とてもステキな本に出会ってしまったのです。

日本人の死因はガンがトップで、
糖がガンのえさになる。

だからそのためにも、
食事は和食を食べて、
身体は極力冷やさないこと。

何が正しくて何が間違っているとか、
もちろん様々な意見はあると思うけれど、
シンプルに、
日本人が昔からやっていたこと
その食事や行動を、
大切にしていくことが、
よいのではないかなと私も思います。

 

まとめ

 
私は以前、
ダイエットなどの栄養指導の仕事をしていたのですが、
まさしく同じことを言っていました。

というのも私自身実は10キロ近いダイエットに昔成功して、
ですが、そこら辺から食事の摂り方で悩み、
見つめ直したことがあったのです。

 
もちろん健康な体でいることは、
何よりも大切だと私は思います。

しかし身体が健康でいられても、
心も健康でなければ本当の健康とは言えない気がします。

おいしいもの、好きなものを心から楽しむためにも、
食べてはいけないものは作らないで、
メリハリをつけていけたらいいと、私は思います^^

 
この日は今年初の冷ややっこを食べました^^

今日もお天気がよくて嬉しいです。

身体の栄養だけでなく、
心の栄養になるものを楽しく食べて、
過ごしたいですね^^

スポンサーリンク

-和食

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.