洋食

ペペロンチーノの和風味の作り方、簡単な味付けとシンプルな調味料

投稿日:

写真は旦那さんへ作ったものなので
半熟卵をのせていますが、
それ以外は動物性品は一切使わずに、
おいしく簡単に作る
ことができます。
(こちらも人気記事なのでよろしければどうぞ、
ヴィーガンに私がなった理由ときっかけ、体調の変化と誇りに思うこと

ビーガン(完全菜食主義者)の人へも
もちろんそうでない人へも、
家にあるものだけで簡単に作れる
おいしい和風ペペロンチーノの
材料とレシピなどを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

ペペロンチーノの和風味の作り方

 
食事は玄米菜食で料理を作ることが大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

私は肉魚卵乳などの動物性のものを
まったく食べないヴィーガンに、
今年に入ってからなりました。

人は食べたものからでしか作ることができないから、
「食べる」ということは
おいしいだけでなく安全であるべきものであり、
ごはんを手作りすることは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけに関わらず、
「行い」と「想い」をも、
「不自然」なものから「自然」なものへと正せることで、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
この地球にも優しくなっていけると思うのです。

  

パスタは様々な種類がありますが、
どんなものを食べることが多いですか?

私と旦那さんはにんにくと
濃いめの味付けのものが大好きなので、
おうちでパスタを作るときは
トマトソースでにんにくたっぷりのものか、
このペペロンチーノにすることが多いです。

 

和風ペペロンチーノ

材料(約2人分)
・パスタ(乾麺の状態)220~240g
・塩(茹で用)適量
・オリーブオイル少々
・にんにく1かけ
・赤唐辛子少々
・たまねぎ
・お好きなきのこ
・キャベツ
・醤油大2~4
・オリーブオイル少々(絡ませ用)

ちなみに我が家では米粉の麺を使っています。
小麦は輸入ものだけが危険なわけではない、その中毒性と控えるべき理由
米粉でりんごと紅茶のケーキ、グルテンフリーを理解しておいしく楽しく

 

簡単シンプルでおいしい味付けと調味料

 

手順
①にんにくは粗みじん切りにして、
 赤唐辛子は輪切りでたまねぎは薄くスライス、
 きのこは食べやすくほぐして、
 キャベツはざく切りにしておく
②熱してオリーブオイルをひいたフライパンに
 にんにくと赤唐辛子を入れて炒めていき、
 香りが出てきたらたまねぎを入れて炒めていく
 同時にしっかり沸騰させた鍋に塩を入れてパスタを茹でていく
③たまねぎがしんなりしてきたら
 きのこも入れて炒めていき、
 最後にキャベツも入れてしんなりするまで炒めていく
④醤油で味を付けたところへ茹であがったパスタも入れて、
 最後にオリーブオイルを少し絡めて
 それから味を見て塩気が足りなければ塩か醤油を足して
 全体をよく混ぜ合わせたらできあがり

  

スポンサーリンク

茹でる用の塩パスタ同士が
くっつきやすくなるのを防ぐために入れる
ので、
気持ち多めに入れるといいかもしれません。
(麺をお湯に入れた後もよくかき混ぜられればいいのですが、
私は割と放置気味なのでたくさん入れています笑)

そしてパスタに絡めるオリーブオイル
麺と具材とが全体に
混ざりやすくなるように和える
ので、
これも気持ち多めに入れてもいいですし
油を最後にまた入れるのに躊躇するようでしたら、
麺のゆで汁を入れても混ざりやすくなります。
(身体にいいオイルは率先して摂りたいです)

ちなみにトップ写真では全然見えていませんが、
しめじが麺の中に隠れています。

 

味がおいしいことはもちろん、そして身体にも

 

具はもちろんお好きなあるもので、
これからの季節は夏野菜のピーマンや
薄切りにしたじゃがいもなどを入れてもいいですね。

旬のものはその時期に食べることがいいとされていますが、
夏野菜は身体を冷やすものと言われているため、
「冷やしすぎてしまうのではないか」と
少し不安を感る方もいらっしゃるかと思います。
(私がそうでした)

トマトやナスやじゃがいもなどは
確かに水分が多いものなので、
そのままで食べたり調理によっては
身体を冷やしすぎてしまいます。

ですが陰陽論で考えた時、
これらの夏野菜(ウリ科のものなど)は
塩や味噌や醤油といった塩気のもので味付けをすると、
身体を冷やす夏野菜に対して
身体を温める塩気の調味料で中和することができる
のです。

トマトに塩を振って食べることや、
加熱したなすを醤油で食べるのがおいしいことも、
おいしいだけでなくそういった
身体を冷やしすぎないという意味があることも、
昔の人は知っていたのでしょう。

  

私たち日本人は明るい・暗いのように様々な物事を、
陰陽論で考えることが多いのです。

味をおいしくさせたいことは
料理をするうえで当たり前のことですが、
どんな食材にどんな働きがあって
そして自分の身体にどんな嬉しいことをしてくれるのか、
文字通り自分自身を作ってくれる食事、
適当にやとりあえずでは選びたくないなと私は思ってしまいます。

 

まとめ

 
おいしい和風ペペロンチーノは
にんにく、赤唐辛子、醤油などのシンプルな調味料だけで、
家庭で簡単に作ることができます。

それらシンプルな調味料だけを使っていけば
素材の味をしっかりと引き出す
ことができますし、
さらにベーコンなどの動物のものを使わないので、
味はもちろん身体にもおいしく作ることができます。

ちなみにペペロンチーノは
ベーコンを使ったものが多いですが、
加工食品という時点でもはや身体に嬉しくないのはもちろん、
肉は身体を冷やす陰のものというだけでなく、
さらに血を汚す代表的なもの
ということも
合わせて覚えておきたいです。
肉食が危険な理由、やめることで得られる効果と本当の健康とは
肉食をやめてからの変化と効果、ガンの一番ともいえる原因

スポンサーリンク

-洋食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.