洋食

たらのピカタの簡単なおいしい作り方、シンプル調味料だけで作る

投稿日:

たらのピカタってよく作りますか?

おうちにある調味料だけで簡単にできて、
焼いたお魚があまり得意でないうちの旦那さんも
お気に入りのおかずのひとつなので、
我が家ではよく作っています。

今日の夕飯はたらのピカタと、
旦那さんの実家からたくさん頂いた卵を使って
炒り卵にしたら黄色いプレートになってしまいましたが(笑)、
おいしいごはんが今日も食べられて幸せです^^

 

スポンサーリンク
  

たらのピカタを簡単においしく作る

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
たらのピカタ

材料(2人分)
・たら2尾
・卵1個
・酒大1(下味用)
・小麦粉または米粉適量
・塩少々
・こしょう少々
・油適量(焼き用)
・酒大2(蒸し用)

粉は我が家では米粉を使っていますが、
(小麦粉は常備していません)
小麦粉と米粉どちらでも大丈夫です。

粉をしっかりまぶすことは、
うま味を閉じ込めるのでしっかりつけておいてくださいね。

 

具材も調味料もシンプルだからおいしい

 

手順
①たらは酒をふって臭みを消しておき、
 キッチンペーパーで水気をよくとっておいてから、
 塩、こしょうをふり下味をつけておく
②卵はボウルに割り入れ良くかき混ぜ、
 こちらにも塩、こしょうをふって①のタラを入れ、
 卵液とよく絡めておく
③熱して油をひいたフライパンに②を入れ、
 両面を焼いていく
 両面の焼き目がついたら大2の酒を入れ蓋をして弱火で蒸す
④すぐに酒は蒸発してしまうので、
 さらに大2の水を入れて蒸していき、
 中まで火が通ったらできあがり

中まで火が通ったかを確認するには、
私はいつも割って見てしまいますが、
たらの大きさにもよりますが
約5~7分ほど蒸していけば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

  
材料だけでなく手順もシンプルなピカタの
身をふっくらとおいしく焼くコツは、
下味の酒にしっかりと漬けておくこと。

たらなどの魚だけでなく、
お肉を含めたんぱく質を柔らかくする酒ですが、
私はたらを解凍したあと、
そのままその袋の中へ酒を入れて、
夕飯で焼くまでの間冷蔵庫で漬けておいています。
(我が家では買い物を週に1度まとめてしてきて、
肉や魚などのたんぱく質は小分けですぐに冷凍してしまいます)

 

身体は食べたものでちゃんと応えてくれる

 
そして油は酸化(=焼いた後)したときのことを考えて、
米油や菜種油などをおススメします。
(我が家ではどの料理にも米油を使っています)

酸化油が体へもたらす影響→ごぼうのノンオイル肉巻き、和風カレーだれの作り方
毎日使うものだからこそ、
ちょっとだけ考えて選びたいものです。

ちなみに我が家の炒り卵は、
にんじんとしめじと青ネギを入れて、
食べやすくするため、
お豆腐はあまり崩さずに炒めていきます^^

にんじんとごぼうの炊き込みご飯に、
きゅうりとキャベツの酢の物、
お味噌汁でほっこりごはんにしました~

  
ここ最近急に出掛ける用ができてしまったりして、
外食が多くなってしまった我が家。

おいしいものをたくさん頂きましたが、
(ここが大切、おいしいものはちゃんと楽しんで食べたい
酸化油、添加物などもたっぷりで食が乱れ、
ニキビががっつりできてしまいました・・・

思うように食べられた時もそうでない時も
身体は食べたものでちゃんと応えてくれますね。

しばらくは調整しておうちごはんが楽しめそうなので、
質素にいきたいと思います^^

 

まとめ

 
でもこの食が乱れた後の肌荒れ
悪いことばかりではないんですよね。

もちろんできてしまったことは嬉しくはないですが、
身体からのサインがちゃんと出せていること。

同じような食事、生活習慣を送っている人でも、
まったく肌へ何も出ていない人いませんか?

代謝がすごくいい人悪い人、
排泄がちゃんとできる人できない人など、
説明をしていくと長くなってしまうのですが、
そういったことで違ってきたりもします。

身体からのサインをちゃんと出せているということは、
それだけですごくいいことなので、
吹き出物はあながちただの悪者ではないんですよね^^

 
身体からのサインをちゃんと出せて、
それをちゃんと見つけられること(食のせいかなと気付けること)ができたら、
「自分」とちゃんと向き合えることと思います。

という私もまだまだ向き合えてないこともあります。

ただ身体はちゃんと応えてくれるので、
「なんとなく」な食事や生活は
これからもしていきたくない
なと思います。

スポンサーリンク

-洋食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.