和食

きのこと卵のあんかけ豆腐、野菜たっぷりでおなかに優しくおいしく温まる

更新日:

お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

 
身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい
 
そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
昨晩は鶏のから揚げではなく、
きのこと卵のあんかけ豆腐を作りました。

おとといの日曜日は旦那さんとデートをしてきて、
昼間からおいしいもんじゃとビールで楽しみ、
お買い物やおさんぽをして、
夜は韓国料理と、1日おいしいものをたくさん食べてきました^^

なのでおいしいものをたくさん食べて楽しんだ後は、
体の中をリセットすること、
メリハリをつける
のがやはり大切です^^

 

スポンサーリンク
  

野菜たっぷり、きのこと卵のあんかけ豆腐を作る

 
外食ではあまりとりにくいものをおうちごはんでは補おう
野菜と、ずばりたんぱく質です^^

なかでも1日3食の中の夕飯では、1日身体を動かして使った筋肉を補うための、
たんぱく質をしっかり摂る
ことが大切です。

 

材料(2人分)
・豆腐1丁(300g以上)
・白菜
・青菜
・玉ねぎ
・しめじ
・卵2個
・和風だし小1
・醤油大1
・塩少々
・片栗粉大1
・水大1(水溶き片栗粉用)

野菜の量はいつものごとくお好きな量で、
(蒸すのでよりたくさんの量を食べることができますね)

種類ももちろんお好きなものでOKですが、

おすすめは、青菜は旬のほうれん草
旬のものは旬でない時と比べて栄養価がものすごいです^^

そして疲れを取りたい時にはビタミンC豊富な白菜
あとはまたまた旬の、キャベツもおススメです^^

 

手順
①豆腐は食べやすい大きさに切ってから熱湯で2分ほど茹でておき、
 水分を飛ばしてからお皿に盛り付けておく
 白菜は短冊、青菜は食べやすい大きさ、玉ねぎは薄くスライスし、
 しめじはほぐしておく
②フライパンに玉ねぎと底から1cmほどの水(分量外)と塩を入れ、
 蓋をして弱火で3分ほど蒸していく
③5分ほどたったところへ白菜、青菜、きのこも入れてさらに5分ほど蒸す
 片栗粉は水で溶いておく
④残りの調味料をすべて入れ、水を少し足してしっかり沸騰させてから、
 溶いた卵を回し入れていく
⑤そこへ水溶き片栗粉も少しずつかき混ぜながら入れていき、
 全体をかき混ぜてから、できた野菜あんを豆腐にかけてできあがりです^^

 

おいしく作る簡単ポイントは、

 
先日の記事でも書きましたが、

スポンサーリンク

1)お豆腐の水分を飛ばす簡単な方法は、

お豆腐を切ってから、
沸騰させたお湯に入れて茹でるか、
電子レンジでチンをする
こと。
肉豆腐、調味料をぎゅっと染み込ませるポイント^^簡単においしく作る

ザルと重石を使って水切りをするよりも、
しっかりと簡単に水分を飛ばすことができて
崩れにくいお豆腐になります^^

 
2)味付けはしっかりと、少しだけ濃いめにする

水切りをしてもお豆腐から水分が出てしまうので、
思っているよりも、少し濃いめの味付けをすること

私も、普通かな?と思う量で最初味付けをしましたが、
お豆腐の水分で薄くなってしまい、
旦那さんにお醤油を足されたときはちょっとだけショックだったので笑、
初めからしっかりめの味付けをすることをおススメします笑
(記載の分量で大丈夫だと思います^^)

 
3)卵をふわふわにするには、しっかり沸騰させてから少しずつ回し入れる

溶き卵は、しっかりと沸騰しているところへ入れないと、
白く濁らせてしまったり、うまく固まってくれません

→★

そのため、足す水分は少し多めにしても問題ありません^^

 
4)水溶き片栗粉は一番最後に入れること

溶き卵がふわふわと固まってきたところへ、
今度は火を弱めてから、
少しずつ混ぜながら入れて
ください。

そして好みの固さになるまで入れていき、
それからもう一度火を強める
そうするとダマにならずに、やりやすいと思います^^

 

おなか(腸)と身体に優しい、は心も優しくする

 
ふわふわの卵とお豆腐、そして和風の味付けで、
おなかに優しい温かいおかずができますね^^

「動物性のたんぱく質を使っているし、
そこまで優しいわけじゃない」

というのも、
もちろん考え方によってはあると思いますが、

毎日油ものや炒め物を食べている人に比べた時どうでしょう?
赤身の部分には必要な栄養素が含まれていたり、
鉄分なんかは植物性のものからよりも、
動物性のものからの方が多く摂取できる
のです^^

なので卵やお肉やお魚などの、動物性のものが絶対に悪いとも言えません
日本人の身体には、毎日は摂らない方がいいと言われています

 
食べてはいけないではなく、食べすぎるのはやめとこう

どんな食材でもそう考えて、
様々なものを食べることをおススメしたいです^^

 

まとめ

 
ちなみに私が心がけていることは、

・食べたいものは食べる
・お水をできるだけたくさん飲む
・ルールを作らない

特に、ルールを作らないこと
これがストレスを一切感じないでいられるんだと思います^^

そして食べたいものもはなんでも食べることが、、
(その分、次の日は質素にしたり調整はします^^)
一番身体にも心にもいいと、私は思っています。

ちなみに、お通じは毎日あります^^

  
外食ばかりの日曜日でしたが、
リセットおうちごはんのおかげで、
今日も元気に過ごすことができました^^

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.