和食

肉豆腐、調味料をぎゅっと染み込ませるポイント^^簡単においしく作る

投稿日:

お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

 
身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい
 
そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
味が染みこんだお豆腐と、柔らかく煮込まれた豚肉とねぎが
ごはんを進ませてくれる肉豆腐^^

みなさんのおうちではどんな作り方をしていますか?

 
私の母は割とどんなお料理も作るのが得意で、
この肉豆腐もよく作ってくれるメニューのひとつであり、
私が実家に帰るときはよく作って持たせてくれたりもします。
(実家が近いと、本当にありがたいです)

そんな母からおいしく煮込むためのポイントを聞いて、
私も旦那さんに作って、喜んで食べてもらっている一品です^^

 

スポンサーリンク
  

味をぎゅっと染み込ませた、おいしい肉豆腐を作る

 

まずは材料です

材料(2人分)
・豚こま肉170g
・木綿豆腐1丁(300g以上)
・しらたき1/2袋
・ねぎ1/3本
・しいたけ3~4個
・醤油大3
・砂糖大2
・酒大2
・みりん大2
・和風だし章
・油適量(炒め用)

 
お好みですが、我が家では砂糖は甜菜糖
油は米油を使っています。
それからお豆腐は、焼き豆腐を使ってもおいしいですよ^^

 

手順
①豆腐は1/6ぐらいの大きさに切り、しっかり水切りをしておく
 ねぎは斜め切りにして、しらたきは熱湯をかけて臭みをとり、
 調味料はあらかじめすべて混ぜておく
②フライパンを熱して油をひき、豚肉を炒めていく
 ある程度火を通したらねぎ、しらたきを入れ、混ぜておいた調味料も入れて、
 弱火で3分ほど煮込んでいく
③しいたけ、豆腐も入れて再度5分ほど煮込んだら火を止めておき、
 出来上がりです^^
 (火を止めて放置するまで、がポイントです)

 
しらたきは「下処理不要」と書かれているものもありますが、
それでも少しの臭みを除けたり
パック詰め時の水を洗うこともできるので、
熱湯をかけてほぐすことをおススメします^^

 

調味料をしっかりと染み込ませるポイントは、

 
まず豆腐の水切りをするときのポイント

スポンサーリンク

ザルや重石になるものをのせて水切りをすることが多いと思うのですが、

1)お皿に乗せてラップをかけ2分ほど電子レンジでチンする、それか、
2)熱湯で1分ほど、切った豆腐を茹でる

そうすることでお豆腐の水分を飛ばしてくれるので、
フライパンの中で調理中動かしても崩れにくくなる
のです^^

 
それから、しらたきを早い段階で煮込むこと。

火をそこまで通さなくても食べられるしらたきですが、
調味料と同じ段階で入れて煮込むことで、
しっかりと味が染み込み、色が濃い目のおいしいしらたきに
なります^^
(写真はうまい具合にねぎに隠れてしまいました・・・)

 
そしてお肉もお豆腐も、全体的に味をしっかり染み込ませるには、
手順最後の、火を止めて放置することがポイントです。

これはどんな煮物にも言えることなのですが、
調味料が具材に染み込むのは火を止めた後

調味料を入れた後でもずっと火にかけている方も多いと思いますが、
火を止めた後が、一番味が届きわたりやすくなるので、
ぜひ試してみてくださいね^^
(ちなみに母だけでなく、プロの方からも以前教えて頂いてからは私はずっとこうしています)

 

手作り煮物は、思っているよりも簡単においしく作れる^^

 
「煮物って難しいイメージ」や、
味付けの割合(調味料の割合)がいまいちよくわからなくて、

ついたくさん入れ過ぎて味が濃くなってしまったり、
よくわからない味になってしまったなどを、たまに聞きます。

 
例えばすき焼きの割り下のように甘さが強めだったり、
味噌を隠し味に入れるものなど、
料理によっても様々な味付けがありますが、

基本は、同じ分量で入れてください^^
(大1ずつなど)

そして大体の煮物に使う調味料でしたら、
砂糖、醤油、酒、みりん

 
ですが砂糖とみりんはどちらも甘さを出すものなので、
このふたつは例えば、
「醤油1:砂糖0.5:みりん0.5」
のように分けて入れないといけませんが、

料理は足し算
一度入れた調味料を取り除くことはできないので、
味見をしながら同じ分量ずつ入れていけば、
変な味、ということはほぼなくおいしく作ることができます^^

 

まとめ

 
煮物はカレーのように、時間がたつとおいしくなる。
(2日目のカレーもおいしいですよね)

我が家の作り置きおかずとしても、
煮物はよく作っておいています^^

 
ちなみにこのレシピの調味料、
肉じゃがでも同じ分量でおいしく作れるのです。

肉じゃがでしたらみりんを少なくしてはちみつを入れてみても、
まろやかな甘さが出ておいしくなるのでおススメです^^

 
今日は旦那さんとデートで外食してきたため、
今晩はごはんは作れていないのですが、

外だとおうちではなかなか食べられないものを食べられたり、
盛り付けなども参考になるので、とても楽しかったです^^
(新しい食器も買ってきたので、そちらもまたぜひ見てくださいね)

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.