ささっともう一品

もう一品おかずに冷蔵庫にあるもので、簡単キャベツとレンコンのお宝焼

更新日:

私も旦那さんもお酒を飲むことが大好きで
おうちでも飲むことが多いため、
おつまみになるおかずをよく作ります。

またごはんのおかずのあともう一品にも
何を作ろうかよく迷うので、
冷蔵庫に入っている
ちょっとしたあまり物などの食材で簡単に
作れて、
おいしくて余計なものは
なるべく入れない
おかずたちをシリーズ化してみました。
(日々載せたいことがたくさんあるので、
このシリーズは気分で更新していこうと思っています)

スポンサーリンク
 
 
 

もう一品おかずは冷蔵庫にあるもので、

 
料理を作ることも食べることも大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

外で食べるごはんもおいしいけれど、
手作りのおうちごはんは大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なものであり、
おいしく楽しいもの。

そして自分の身体を労わってあげたり、
愛する人のことを思いながら作る料理は
健康な身体を作るだけでなく、
優しく幸せな気持ちをも作ってくれます。

身近で手に入りやすい食材だけを使い、
余計なものは極力入れずに、
そしてとにかく簡単で節約もできる、
身体も心もホッとできるおうちごはんと幸せを食卓から作っていきたい。

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まったレシピなどを、
このブログでは紹介していきます。

  

”お宝焼き”ってご存知でしょうか?

お宝焼きとは半分に切って開いた油揚げの中に、
いろいろな具材を詰めていって
焼いたり煮たりしたもののことを言い、
たまごや肉などの他にも
このレシピのように野菜のみを使ってもおいしいですし、
冷蔵庫に残っている食材を使って私はよく作っています。
(ちなみに私は動物性のものは食べないので、
家で作るのはヴィーガン料理のみです
ヴィーガンに私がなった理由ときっかけ、体調の変化と誇りに思うこと

油揚げだからといって和の味付けにするだけではなく、
コンソメを使って洋風にしたり
トマトソースで煮込むなど、
いろいろアレンジしてもおいしくなる食材なので、
うちの旦那さんもおいしい~と言っていつも食べてくれています。

 

あともう一品にキャベツを使って、

 
ですが今回はキャベツとレンコンをメインにして、
和風の味付けにして作ってみました(笑)

キャベツとレンコンのお宝焼き

材料(油揚げ2枚分)
・油揚げ
・キャベツ
・レンコン
・しめじ
・和風だし大1
・醤油大1
・米粉(または小麦粉)小1

手順
①油揚げは1枚を半分に切っておき、
 他の具材はすべてフードプロセッサーへ
 入れてかけて食感が残るぐらいの
 粗い大きさにしておく
②切った油揚げは熱湯をかけて軽く油抜きをしておき、
 菜箸を使って全体にコロコロと転がして
 油揚げが開きやすくなるようにしておいてから広げていって、
 その中へ①で細かくした具材と
 調味料をすべて混ぜ合わせたものを詰めていく
 袋の入り口はつまようじを使ってを閉じておく
③熱したフライパンへそのまま並べて焼いていく
④ひっくり返して蓋をしたら弱火にして、
 蒸し焼きにしてこんがり焼きめがついてきたらできあがり

スポンサーリンク

  

キャベツとレンコンは我が家によくある野菜で、
食感も私は好きなので使いましたが、
野菜の種類もきのこも
冷蔵庫にあるものや好みのもので作ってください。

また今回の中身は野菜だけを使っているので、
中までちゃんと火が通っていなかったとしても
中が半生で食べられないということにもなりませんし特に問題はありません。

 

ぱぱっと簡単ステキおかずで、冷蔵庫も身体もきれいに

 
作り方の簡単なポイントと嬉しい効果としては、

1)食感のある食材を中に入れて、
 細かくしすぎずに食感が残る大きさにする
→食感を楽しむことができるだけでなく、
 よく噛むことにも繋がるので早食いを防ぐこともできる
2)油揚げは半分に切った後、
 熱湯をかけて油抜きをしてから菜箸を使って転がしておくと
 油揚げが開きやすくなって具材が詰めやすくなる
→無理やり油揚げを開く必要もなくなるので、
 やぶけてしまうこともない
3)焼く際に油はひかずそのままで、
 油揚げそのものの油だけを使って調理していく
→十分カリカリにおいしく焼くことができるし、
 少しでも摂取する油を控えることもできる

 

冷蔵庫の中の半端な食材を使い切ることができれば
食材の断捨離にもなりますし、
なんといっても野菜をたっぷり食べられるレシピだから
食物繊維をたっぷり摂取することができるので、
排便を促して腸内のお掃除をスムーズにすることができて、
身体の中に今あるものをまずちゃんと出すことができるのです。
(→排毒の効果は身体だけでなく心をも健康にする、大切なのは「出す」こと
ファスティングの効果とやり方、手軽にできる方法で自然な身体へ

  
そして油揚げはお豆腐を揚げたものなので、

大豆たんぱく質を補える
→大豆たんぱくは肉よりも消化が良いため、
 腸内に優しいから身体すべてに嬉しいことばかり
②油がもともと使われている
良質な身体に嬉しい油を使っているか?

という点もポイントにして選びたいものなのです。

ポイントを抑えて作っていけば、
冷蔵庫の中をキレイにすることができるだけでなく、
身体へも嬉しいことがたくさんあるため、
身体の内側からもキレイにすることができるのです。

 

まとめ

 
おいしいものを食べている時はもちろん、
気持ちを込めて作った料理を食べてもらった時に
言ってもらえる言葉たちや、
そのほっこりとした空間がたまらなく嬉しくて幸せだなあと私は思います。

そしておうちにあるものだけでささっと
料理を作ることができたらとてもステキだなあと思うし、
手作りごはんには嬉しいことがたくさんあるので、
外食が続いてたり食事が偏りがちな時ほど、
特に心のこもった手作りごはんをおすすめしたいです。

ちなみに私はいつもきのことしらたきを
このお宝焼きを作るときは必ず入れていて、
先日はじゃがいもなどを詰めて
焼きコロッケのようにしてみてもおいしかったので、
そちらのレシピも近々書いていきたいと思っています。

スポンサーリンク

-ささっともう一品
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.