ささっともう一品

れんこんきんぴらを簡単に5分でおいしく作る、ビーガンな夕飯

投稿日:

昨日は身体も冷えていたので、
根菜を夕飯にたくさん使いました。

メニューは、

・玄米
・厚揚げのあんかけ(大豆ミート、ニラ、もやし)
・焼きナス
・れんこんきんぴら
・具沢山お味噌汁(きのこ2種類、さつまいも、わかめ、小ねぎ)

夕飯はいつも1時間もしないで
作ってしまうのですが、
昨日はなんとれんこんのきんぴらを
5分で作った
ので、
材料と時短の簡単ポイントなど
書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

れんこんきんぴらを簡単に作る

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
手作りのおうちごはんは安心できるだけでなく、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもので、
おいしく、楽しいもの。

そして食だけでなく行いと想いをも
「不自然」から「自然」へと正すことで、
自然な私へと還ることができるはず。

幸せを食事から作っていきたい

身体も心もホッとできるおうちごはんのことや
まだまだやれることはたくさんあるけれど
少しでも自然と近くなれる生活の仕方などを、
このブログでは書いていきたいと思います。

  
5分でと言っても、
あらかじめある程度のことだけやっておいているので、
最初から全部ではないんです。
(嘘つきではないんです;)

れんこんきんぴら

材料(2人分)
・れんこん1/2~1/3
・にんじん1/3~1/4
・しらたき適量
・ごま油適量
・水大2~3
・和風だし小1(お好みで)
・みりん大1
・醤油大1
・白ごま適量

具材はお好みで
増やしたり減らしたりしてくださいね。

ちなみに私はれんこんとにんじんのカットと
しらたきの処理をあらかじめやっておきました。

 

おいしく作るポイントは、

 

手順
①れんこんとにんじんは皮をむき
 食べやすく切っておき、
 しらたきも食べやすい長さに切り、
 熱湯をかけてあく抜きをしておく
②熱したフライパンにごま油をひき、
 にんじんを入れてさっと炒める
 全体的に火が通ったられんこんも入れて、
 全体を混ぜ合わせしらたきも入れて炒める
③分量の水を入れ沸騰させて
 そこへだし以外の調味料をすべて入れ、
 火にかけておき味見をしてみてから
 足りなそうならだしを入れて、
 全体を混ぜて火を止めて
 白ごまを散らしてできあがり

 
難しいポイントは一切なく、
切って炒めただけの簡単一品です。

その何も余計なことをしないこと
時短なお料理こそがおいしく作るポイントだと私は思っています。
(シンプルが味も身体にも
一番おいしいんです)

スポンサーリンク

味付けも具材も絶対に
決まっている料理はないですし、
だから和風だしは
物足りなければ入れるでいいのです。

  
そして厚揚げのあんかけは、
何もひかずに切った厚揚げを焼いておき、
大豆ミート、もやし、ニラで醤油味の
あんかけを作ってかけただけです。
(あんかけはこのあたりをよければどうぞ→厚揚げの和風野菜あんかけの作り方、ノンオイルでおいしく簡単に

 

「身体を作るために」食べよう

 
ちなみにれんこんもにんじんも
有機野菜であれば
ある程度皮は残しておいて大丈夫です。
(れんこんの皮は固いので、
少ーしだけ残しました)

野菜の栄養分は皮と実の間に多くあり
できるだけできれば一緒に摂りたいところですが、
農薬を使っているものであれば
農薬が最も多い皮は剥いた方が安全と言えます。

  
今日また宅配野菜がたくさん届きました。

写真にはありませんが、
他にも平飼い卵なども来ました。

  
昨日の記事で→マーボーなすを肉を使わず作る、安心食材で味も身体にも優しくおいしく
「今プチファスティングをしている」
と言いました。

起床時の体温も計っているのですが、
なんと本当にひさびさに
35度台なんて数字が2日連続で出てしまって、
(割といつも36.5ぐらいあるんですが)

すごくショックだったけれど
いろいろ見直すことができるなと思い
あらゆる手を使って体温を上げようとして、
根菜を摂ってみたこともあるのですが、
なんと今朝は36.3度でした。
(しかも今朝は特に気温が下がっていたのに!)

れんこんもお味噌汁のさつまいもも
ビタミンCで風邪予防にもなるので、
ちょうど今の時期に嬉しい食材です。

なんとなくではなく、
文字通り身体を作るために
食材選びもしたい
ものですね。

 

まとめ

 
野菜=自然の力って、
それだけで私たちの
身体の味方をしてくれて
本当にありがたい存在だと思います。

特に旬のものは
その時の気候や気温に合わせて身体が対応できるように
力を持って育ってくれるし、
まさしく身土不二が、
日本人の身体には合っている
んですね。
(外国のものではなく、
その土地、国のものをおいしく食べるということ)

そしてれんこんきんぴらだけでなく、
他のお料理も動物性のたんぱく質を
まったく使っていないメニューなので、
それも日本人の身体には合っている
ビーガンメニューでもあります。

さっともう一品作りたい時にも
ぜひおすすめです^^

スポンサーリンク

-ささっともう一品
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.