和食

おいしい豚肉の生姜焼きで幸せな食卓を、コクを出すポイントは〇〇〇〇

更新日:

お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

 
身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい
 
そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
豚肉の生姜焼き
みなさんの家庭ではどのように作りますか?

もちろん正解なんてないですが、
割と簡単にできるお料理だからこそ様々なレシピがあるかなあと思うのです。
(カレーが家庭によって、味が違うのと同じような感覚です^^)

 
我が家もいろいろな作り方をしていましたが、
旦那さんがハマってくれてからは、
このレシピにしっくりきています^^

 

スポンサーリンク
  

コク甘でおいしい豚肉の生姜焼きを作る

 

材料(2人分)
・豚バラ肉160g
・玉ねぎ1/2個
・塩ひとつまみ
・醤油大1
・はちみつ大1
・おろしにんにく少々
・おろし生姜少々

 
食材は豚肉と玉ねぎがあれば、
あとはだいたいの家庭においてある調味料のみで作れちゃいます^^

 

手順
①玉ねぎは薄くスライスしておく
②ジップロックなどに豚肉と塩以外のすべての調味料を入れて漬け込んでおく
③フライパンにスライスした玉ねぎ、塩、底から2cmぐらいまでの水を入れ、
 蓋をして弱火で5分ほど蒸していく
④③へ漬け込んだ豚肉を入れ、よく炒めていき、
 全体に火が通ったら出来上がりです^^

  
玉ねぎはおなじみの、甘さを引き出す調理法(蒸し煮)で、
おいしさを初めにぐっと引き出します。

玉ねぎの量はお好みで、
もっと増やしてみてもいいと思います^^

 
そして最初に蒸すことで、
なんと油を使わずにノンオイルでできちゃうのも、
このレシピの嬉しいところです。

スポンサーリンク

 

絶対においしいと言われるポイントは、少しのはちみつ

 
それから、我が家ではバットというものを基本使いません(笑)

時短、手軽にできることを考えて、
袋やジップロックなどで漬け込みをします^^

 
にんにくを入れるレシピも、
生姜焼きではもしかしたら珍しいかもしれませんね。

「生姜の風味と喧嘩してしまう」と、好みもあると思いますので、
ジップロックに入れる前に別容器で混ぜてみて、
味見をしてみるといいと思います^^

  
そして、レシピを見て、
生姜焼きにはちみつ?甘さ?とも思うかもしれませんが、

この大さじ1杯のはちみつが、

まろやかな甘さを出してくれて、とてもおいしくなるのです^^

ちなみに甜菜糖(我が家では砂糖ではなく、どのお料理にも甜菜糖を使っています)
でもおいしかったですが、
うちの旦那さん私も、はちみつの方が好みでした^^
甜菜糖は本当に身体に優しい砂糖??大切なのはちゃんと〇〇こと
 

手作りおうちごはんで、身体に嬉しい食卓を

 
ちなみにお料理を食べることも作ることも大好きな私から、
豚肉を選ぶときにぜひ見てもらいたいポイントがあるのですが、

それは、

1)国産のものであること
2)脂身よりも赤みが多いこと

 
輸入物のお肉は餌にどのようなものが使われているか、など、
でも考え始めると、
何を食べるのも難しくなってしまうところなので、

国産のものを選ぶことをおススメします^^

そして豚肉には、豊富なビタミンAが含まれているのですが、
それは赤身の部分にのみ含まれるのです。

豚肉を選ぶ際に、
そういえばこんなこと書いてあったな~、
なんて思い出してもらえたら嬉しいです^^

 

まとめ

 
もちろん、
輸入のお肉を食べてはいけないなんてことはありませんが、

口にしたものが、身体にも心にもなってくれるものと考えた時、
そんなちょっとしたポイントまで考えることができたら、

もっともっと、
おいしいごはんと幸せな食卓を作ることができるのではないかなと思っています^^

 
ちなみに旦那さんに初めてレシピを言ったとき、
「生姜焼きに砂糖なんて入れるの?!」
と驚かれましたが、

やはりカレーのように、
各その家庭での味があるのっていいなあ、と感じました^^

  
手作りのタレと手作りのお料理で、
今日もおいしく幸せな食卓が作れますように^^

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.