からだのこと

電子レンジの危険性と影響、身近すぎる健康問題と電磁波をわかりやすく

投稿日:

毎日何気なく使っているであろう電子レンジ
しかしこのブログを
読んでくださっている方の中には、
もう手離してしまったという方もいるかもしれません。

私たちは身の周りにあるものを
気軽に何気なくごく普通に、
使ったり食べたりしているから、
「そこにあるもの」が
私たちにどんな影響を及ぼすもので、
本当に必要性があるものなのか
ということを
気にも留めないのでいるのかと思います。

すぐに手離すということは難しくても、
それが持っている危険性と対策の方法などを知っておくことで、
少なからず今後の生き方に
何かしらの変化があると私は思うので、
最後まで読んで頂けたらと思います。

 

スポンサーリンク
  

電子レンジの危険性と影響、

 
食事は玄米菜食で料理を作ることが大好き、
栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

私は肉魚卵乳などの動物性のものを
まったく食べないヴィーガンに、
今年に入ってからなりました。

人は食べたものからでしか作ることができないから、
「食べる」ということは
おいしいだけでなく安全であるべきものであり、
ごはんを手作りすることは、
大切な誰かや自分への愛情表現だと私は思っています。

そして「食」だけに関わらず、
「行い」と「想い」をも、
「不自然」なものから「自然」なものへと正せることで、
本来の自然な姿のわたしへと還ることができて、
この地球にも優しくなっていけると思うのです。

  

私自身、電子レンジの危険性を知ってからは、
電子レンジで食品を温めるということはしなくなり、
水を張った鍋などに蓋をして加熱をして、
蒸して温めるようになりました。
(今は蒸し器が欲しいものナンバー1です)

電子レンジは発生させた電磁波の振動によって
食品を温めるという仕組みになっているのですが、
その電磁波は目にすることはできなくとも
スマホやパソコンやテレビ、
IH調理器やトイレの便座(温かいもの)など、
私たちの本当に身近にあるものから発生しているのです。

そしてこれら電磁波の身体への影響
慢性の疲れなどと誤認識している方も少なくはなく、
倦怠感や不眠や頭痛や嘔吐感や視力の低下、
そして内臓疾患や自律神経の乱れなどへも影響してくるのです。

 

身近すぎる健康問題と電磁波のこと

 

少なからず身体へ蓄積されていっている電磁波は
身体へ様々なダメージを与えていて、
これらの影響をもっと具体的に
実際に起こっている症例と合わせて挙げていくと、
下のような例があります。

不妊と発達障害
 電磁波のダメージを受けた生殖器は
 精子の数を減少させて不妊に影響があるだけでなく、
 また遺伝子までも傷つけるので、
 子供の成長や発達の面にも大きく関わってくる

脳への影響と異常行動
 記憶や情緒などを司っている脳の海馬という部分にも
 電磁波はダメージを与えてしまうので、
 記憶が曖昧になりやすかったり、
 これによって情緒不安定にもなりやすく、
 異常行動を起こすようになってしまったりする

スポンサーリンク
免疫機能の低下
 電磁波の影響による細胞へのダメージで、
 免疫機能も低下するようになり、
 疲れやすい体になってしまう

そして最も恐ろしいのが、

ガンの発症率が上がること
 電磁波が食品に照射されることで、
 食材の持つ力を7~9割をも壊してしまうため、
 食品の性質を化学的に変えてしまうことになる

 
 よって同時にガン種への抵抗力が衰えがちな身体は、
 それらが十分に機能しなくなっているので
 ガンを引き起こす可能性があるというだけでなく、
 血中のガン細胞を増やすことへも繋がってしまう

ガンをはじめ白血病やアルツハイマーなど、
それらの症状も電磁波の影響からとも考えられるのです。

 

楽しいライフスタイルを送っていくためにも、

 

そこまで危険だなんて言っていたら
キリがないなどという声も聞こえてきそうですが、
身近にあるものだからこそ、
どんなもので必要性が本当にあるものなのかを、
ちゃんと知っておく必要があるのではないかと思うのです。

  
そしてそれら電磁波の影響から、
身を守るための方法
として
下のようなことが挙げられます。

電磁波を放電する(アーシング)
→土に触れることで体に溜まった電磁波は放電されるため、
 定期的に土に裸足で立つなどする

身体のデトックスをする
→知らず知らずのうちに体内に蓄積されている電磁波を
 食べ物の力で出すことをする
 食材としては梅干し、ほうれん草、ウリ科の野菜、
 サツマイモ、キノコ、海藻類などのアルカリ性のものなどが◎
 (ただしウリ科の野菜は身体を冷やすので、
 調理に気を付けたり食べ過ぎないようにしてください)

 ちなみにデトックスについては、
 こちらも手軽に取り入れられるので試してみてください、
デトックスで体の金属を出す、麻炭を使った解毒方法と効果と好転反応

  

他にも携帯電話を使用する際には
直接耳に当てずに離して使用するか、
イヤホンを使用する
などの方法をとったり、
電化製品を置いている近くには
オルゴナイトといった
アーシングもできる石を置くなどの対策方法もあります。
(石についてはいろいろなものがありますので、
ぜひ調べてみてください)

自分や大切な人の身体を守ることに繋がることは、
病気から遠ざかることになるので
病院に行く必要も医者にお世話になる必要もなくなり、
結果、予防医療に繋がっていくのです。

一番怖いのは全てのものとことを、
「なんとなく選ぶ」ということです。

まとめ

 
電子レンジは誰でも手軽に使えるものですが、
電磁波が食品に照射されることで
食材の持つ自然の力を破壊してしまい、
不妊や脳へのダメージ、
そしてガンの発症率を上げたりと
身体にとって様々な危険性を及ぼすものなのです。

何気なく、なんとなくではなく、
あらゆる面から様々な知識を得て選ぶ知恵をつけて、
物だけでなく人・情報などの
断捨離がちゃんとできるようになる
と、
いかに不必要なもので溢れているのかということに
目を向けられるようになり、
選択する力が身についてくるのかと思います。

そして自分に必要なものや情報は
自分で選択するということは、
自分の人生に責任を持つことに他ならないと私は思っています。

自分自身だけでなく私たちが住まわせて頂いている
この地球も大切にしていくためにも、
できることからでも確実な方法を行っていきたいです。
プラスチックが溶けることの危険性と環境問題、ほぼ自然分解はできない

スポンサーリンク

-からだのこと
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.