こころのこと

豊かな暮らしをよりよく生きる、私のお金の使い方

投稿日:

みなさんにとっての豊かさとは何ですか?

最近私は日々の中のちょっとしたことに
「豊かだなあ」と感じられているのですが、
ゆっくりおうちをお掃除できて、
そこへ大好きなお花を飾れた時などが特に、
「あぁこんな豊かな暮らしいいなあ」と感じています。
(写真はリビングの大好きなひまわりです)

食生活や暮らし方、生き方を見直して、
「よりシンプルに生きていきたい」
それが最近の私が切実に感じていること。

豊かになるための暮らしや
お金の使い方について
など私なりの考え方を、
今日はお料理の記事ではなく書いていきたいと思います^^

 

スポンサーリンク
  

豊かな暮らしとは?

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
外で食べるごはんもおいしいけれど、
手作りのおうちごはんはおいしく安心もできて、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
私自身実は1年ほど前までは、
豊かさなんて言葉を発せるには程遠いと思っていました。
(どこか心がわさわさする感じ笑)

いつもお金のことは考えていましたし、
身の回りはモノ、情報、余計なもの、
常に何かで溢れかえっていたようにも感じます。
(経済面が一気にものすごく
裕福になったわけではありません)

  
さて「豊かな暮らし」というと、
どんなことをイメージしますか?

心にゆとりを持てていて、
自分の周りのありとあらゆるものに感謝をしていて、
自分の時間をうまく作れていて・・・

そんなことができることだと私は感じています。

そのため、モノ、情報、費やす時間、
どれをとっても自分にとって、
何が必要で何が不要なのか
ちゃんとわかることがまず大事なことです。
(これが曖昧だとただ時間に流されていくだけです)

 

生きる時間は限られているから、

 
そして最も大切なことは、
セルフイメージを上げることだと思っています。

それは自分に自信を持つこと、
すなわち自分の未来をしっかりと想像していくこと

生きる時間は限られているから
その限られた時間でいかに自分の思うようにできるかだと、
本気で私は思うんです。
(長くても80~90歳までって、
長いようであっという間ですよね)


(旦那さんと食べた今日のおやつの米粉の紅茶スコーン→米粉スコーン、バターなしの簡単身体に嬉しいおいしい作り方

スポンサーリンク

やりたいことや行きたいところ、
わくわく想像して、
わくわく計画をする。
(わくわくすること、ものがとにかく大切です)

それに向けてのお金や行動や費やす時間
決して無駄ではないでしょうし、
そう決意したのならそこに確実に向かっていっていて、
結果、現実となってくるはず。

  
だからこそモノ、情報、費やす時間、
どれをとっても自分にとって、
何が必要で何が不要なのか、
ちゃんとわかってくるのだと思うんです。

私も連絡先は半分以上減って大切だと思う人たちだけになり、
大切にとっていた栄養や健康に関する資料なども
どんどん新しい情報を取り入れていくべきだと考えて、
ほぼほぼ捨てました。

  
それから運をよくしたり空気を換えたいなら
身の回りをきれいにすることというのは、
大前提で→断捨離の効果は片付くだけでなく空気も価値観もリセットできる

排毒の効果は身体だけでなく心をも健康にする、大切なのは「出す」こと

 

お金はわくわくするものに使いたい

 

命の入れ物=身体、身体の入れ物=家、
すなわち家は命の入れ物である

と、先日読んだおのころ心平さんの本にもあり、

「出す」ことをしなければ、
「入る」「入れる」こともできない。

食事はもちろん暮らしのことにしても、
同じだなと改めて思いました。

  
そしてお金に関して私は、
「貯めるもの」という概念が小さい頃から染みついてしまっていて、
「出す」「自分から」という考えは、
どちらかというとあまりなかったかもしれません。

ですがその考えがまず、
循環も生み出せなければ豊かさも生み出せないんだと、
今となって実感できているのです。

  
前章でお話しした自分にとって必要だと思えるもの、
そしてわくわくするもの、
これらは無駄な出費になるでしょうか?

例えば生活のために欠かせないお金、
これはもちろん必要なものではありますね。

ですが例えば、
未来に向けた投資のためのお金や贅沢に使うお金
これらだと考えた時どうでしょう?

ちなみに私にとっての贅沢とは、
有機野菜やシンプルなものを惜しみなく買うこと(笑)

そして職業柄ということもあってか、
これは私からしたら
未来に向けた投資のためのお金にもなるんです。

だから言ってしまうと、
目先の贅沢になるのか(おいしいと思うものをただ食べたり)、
未来につながる贅沢になるのか(そこから学びもあり身や知識になったり)、

そのどちらにお金を使えるのか、
そんなところから豊かさの循環が生まれるのだと、
私は思うのです。

 

まとめ

 
自分の人生は自分が作っていく、
だからこそお金も時間も無駄にしたくないし、
確実に明確にしたいのならできないと思うのです。
(という私もまだまだ見直すところはたくさんあるのです)

自分にとっての豊かな暮らしとは、

こうしたいわくわくのセルフイメージをバンバン描いて、
自分にとってモノ、情報、費やす時間など、
何が必要で何が不要なのかをちゃんと知っていき、
循環を起こせるようにしていくこと。

悪魔で私の思いですが、
私の思い描いてきたことは、
着々とかたちになってきています。

ですがまだまだかたちにしていきたいことや、
叶えていきたいことはたくさんあるし、
もっともっと豊かさを感じられるように、
着々となっていきます^^

スポンサーリンク

-こころのこと
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.