和食

キーマカレー、肉と添加物不使用の代用食材と簡単おいしい作り方

投稿日:

ひき肉もお野菜もたっぷりで作る
キーマカレーもおいしいですが、
お肉不使用で作るのに食べ応えはたっぷり、
そして添加物、動物性のものも一切使わないので
ビーガンの方でもおいしく食べられる、
ヘルシーでスパイシーなキーマカレー
作り方を書いていきます^^

 

スポンサーリンク
  

キーマカレーを肉不使用でおいしく作る

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
外で食べるごはんもおいしいけれど、
手作りのおうちごはんはおいしく安心もできて、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
肉不使用で作るおいしいキーマカレー

材料
・水煮大豆
・高野豆腐
・たまねぎ
・にんじん
・ピーマン
・じゃがいも
・きのこ(お好きなもの)
・トマト
・油適量
・カレー粉適量
・生姜少々
・にんにく少々
・醤油大2

手順
①高野豆腐は水で戻しておいてから、
 フードプロセッサーにかけておく
②たまねぎ、にんじん、ピーマン、じゃがいも、
 トマトはある程度の大きさに切ってから、
 きのこ、水煮大豆とフードプロセッサーにかけておく
③熱したフライパンに油をひき、
 おろし生姜、にんにくを炒めてから、
 高野豆腐、たまねぎ、にんじんから炒め、
 じゃがいも、ピーマン、きのこ、大豆、トマトも入れて炒めていく
④すべてに火が通ったらカレー粉を
 好みの辛さになるまで味見をしながら入れていき、
 あとは醤油で調整をしてできあがりです

 

代用食材には高たんぱく質の高野豆腐を

 
具材の分量は好きなものを好きなだけ、
野菜もあるものなどを使っていいと思います。

そしてお肉の代用として使うのは高野豆腐

水で戻して火を通し調味料を吸わせれば、
うま味を含んで、
お肉のような食感になるだけでもなく、
普通のお豆腐とも比べ高たんぱく質だから
ただヘルシーなわけでもありません。

スポンサーリンク

  
それからまるごとのトマトを細かくして入れるのは
ウスターソースやケチャップを入れる代わりとして、
甘みとコクを出すためにもおススメです。

ウスターソースやケチャップを使うのも
手元にあるのでしたらいいと思いますが、
この時期は特に紫外線が気になる時期なので、
加熱をしたトマトからリコピンとビタミンCをたっぷり摂ると、
シミ(からシワも)予防に繋がるのです。
(すでに今年はけっこう焼けてしまいましたが)

それとできればあまり加工されたものは
使わないでごはんを作りたいので、
私はキーマカレーを作るときはこの時期だけでなく
だいたいトマトを入れて作っています^^

 

シンプル食材で簡単においしい幸せごはん

 
あとはキャベツ、大根、塩昆布を混ぜ合わせて
白ごまを振ったものを和え物にして、
副菜にしました。

品数は少なかったものの、
主菜にも副菜にも野菜たっぷりで、
シンプルな食材だけを使って
おいしいごはん達ができました。

そして何よりも添加物も
ほぼほぼ使っていないので(塩昆布のみ)
安心してモリモリ食べられるのが嬉しいです。

  
話しは大きく変わって、
お陰様で入院していた旦那さんが
明日退院することになりました^^
統合失調症の旦那さん、接し方と周りの理解と「治そう」とはしないこと

症状としてはだいぶよくなりましたが、
以前書いた記事の通り、
「治そうとは考えないで病気と付き合っていく」

今回入院したことで旦那さん自身、
自分が病気であることをしっかりと受け入れられて、
旦那さん自身も治そう、治せるものとは思わず、
自分の一部として付き合っていくと、
そう思ったみたいです。

 

まとめ

 
統合失調症は、心ではなく脳の病気

脳と身体全体、
そして心も含めて全部繋がっているわけです。

生きていくために毎日食事をして、
身体も心も動かせているわけで、
私たちは食べてはいけないものはありませんが、
食べなくてもよいものはたくさんあると私は思います。

この記事でも書いたように、
お肉も言ってしまえば食べなくてもよいもので、
代用として楽しめるものもたくさんあります。
(私はビーガンではありませんが、
動物の虐待にも繋がるということで
最近食卓に出す回数をまずは減らしてみているところです)

  
健康のことから広く考え始めると、
動物、自然とたくさん考えたいことは出てくるかと思いますが、
食材はもちろん、始められることから、
「シンプルなこと」初めていってみませんか?

スポンサーリンク

-和食
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.