和食

そぼろ丼をひき肉を使わずにおいしく作る、代用食材を使ってカレー風に

投稿日:

お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい
 
そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
先日風邪をひいて数日寝込んでいたのですが、
(そうゆうときなぜか、
 ちょっと目に止まったほこりをきっかけに、掃除したくなりませんか?笑
 鼻水ぐずぐずしながらお風呂の床掃除を始めてしまいました)

のどが痛いので、
お豆腐や卵などの柔らかいものが食べたい・・・

私は優しい味付けで、
同じ材料でも、旦那さんにはしっかりめの味付けで調理しよう、
と作ったのが、お豆腐と卵を使ったそぼろ丼

私は和風の味付けで、
旦那さんはカレー風味に
しました^^

 
  

ひき肉を使わないで、そぼろ丼をおいしく作る

 
材料と手順を紹介していきます~

材料(2人分)
・木綿豆腐300g~
・卵2個
・にんじん
・しめじ
・ピーマン
・油適量(炒め用)

和風
・和風だし小1
・醤油大1、1/2
カレー風
・カレー粉大1,1/2
・味噌小1

手順
①豆腐は軽く手で崩して熱湯で2分ほど茹でてから、
 キッチンペーパーに広げて水切りをする
②にんじんとピーマンは荒みじん切りにして、
 にんじんは電子レンジで軽くチンしておく
③熱したフライパンに油をひき、にんじんを炒めていく
④溶いた卵を入れそぼろ状にかき混ぜていく
 そこへピーマンとしめじも入れて、火が通ったところへ、
 ①で水切りをした豆腐を入れてさらによく崩して炒める
⑤和風かカレー風味の調味料を、それぞれすべて入れる
 食材から出る水分で足りなければ、
 少しだけ水を足して、軽くひと煮立ちさせて出来上がり^^

和風だったら最後盛り付けた後に、
好みで刻みねぎを散らすのもいいと思います。

スポンサーリンク

 

お豆腐を代用食材にしてヘルシーに

 
ひき肉の代用食材は、お豆腐

しっかり食べ応えがあるようにするためには、
水切りをしっかりとしておくこと

重石を使ったりさまざまな方法がありますが、
熱湯で茹でる方法が、
きちんと手軽に水切りできるのでおススメ
です^^

  
ちなみにひき肉は、同じお肉でも、
脂が特に多いということをしっていますか?

以前の記事でも書きましたが→、マーボー春雨でダイエット、本当にヘルシーな”健康美人”になるポイント
ひき肉はそれぞれのお肉の、
切り落としなどを集めてミンチにしたもの

もちろん部位も割と様々だったりするので、
脂が多いところや少ないところなど、
様々なものが多いのです。

それを知ってからは我が家では、
売られているひき肉は本当にたまににして、
家でこま切れをミンチにして作るか、
こうした代用の食材で楽しむようにしています^^

 

身体にもおいしく嬉しく^^

 
ちなみに、
大豆から作られている
大豆ミートというものを知っていますか?

食感は本当にお肉そのままなのに、
成分は大豆のみという、とてもヘルシーな食材があるのです^^
(ちょっと前までは、売られているところが少なかったですが、
 近くのスーパーでも最近見かけるようになってきました)

この大豆ミートのミンチタイプがあるので、
それをひき肉の代用として使っても、
もちろんおいしいのでおススメです^^

  
おいしいものを心から楽しんで食べられるように、

目を向ける方向を変えてみたり
いつもと何かを変えてみて食べてみたりして

「私、おいしいもの食べられて幸せだな」って、

少しでも思えたらいいなあって思います^^
(声に出せたらなおいいですね)

 

まとめ

 
このそぼろ丼は先週作ったものなのですが、
昨日ひさびさにスーパーへ行ったら、
春野菜がたくさん並んでいました^^
(私は週に1回しかスーパーへは行きません)

もう30歳になる大人ですが、
やはり春が近づいてくるとうきうきわくわくしちゃいますね。

新玉ねぎ、新じゃが、菜の花・・・

春野菜は寒い冬に蓄えていた栄養がたっぷり
おいしいものがたくさんなので
食べるのがとっても楽しみです^^

スポンサーリンク

-和食

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.