調味料

カレー、ルウ不使用の簡単な作り方、シンプルな調味料で手作りする

投稿日:

家庭によってちょっと味が違くて、
誰からも愛されているカレー
(あたらめてすごい存在ですよね)

具材もいろいろなもので作ったりして楽しめますが、
ルウはみなさんどうしていますか?

面倒くさがりな私でも簡単にできるので、
我が家ではルウは手作りしているのですが、
大抵のおうちにはあるであろう、
シンプルな調味料だけを使って作っていきます。

市販のルウ不使用だからといって
珍しいスパイスを使っていくわけでもなく、
(お好みで足してももちろんおいしくなります)
さらにノンオイルで作っていきますが、
コクのあるおいしいカレーを作っていきます^^

 

スポンサーリンク
  

カレーのルウ不使用の簡単な作り方

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します^^

  
外で食べるごはんもおいしくて楽しいけれど、
手作りのおうちごはんは、大切な誰かや自分への
愛情表現だと、私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもの。
そしておいしく、楽しいもの。

身体も心もホッとできるおうちごはんと、
幸せを食事から作っていきたい

そんな私の想いやり(と、わがまま)が詰まった、
お料理や食材のことなどを
このブログではご紹介していきたいと思います^^

  
ルウから手作り我が家のカレー

材料(2人分)
・にんじん
・じゃがいも
・たまねぎ
・鶏もも肉
・水約1.5リットル
・塩ひとつまみ
・カレー粉大2~
・味噌大3
・醤油大1~
・米粉適量
・片栗粉適量

 

すべて手作りのノンオイルカレーのポイントは、

 

手順
①にんじん、じゃがいもは乱切りに、
 たまねぎと鶏肉は食べやすい大きさに切っておく
②鍋にたまねぎ→じゃがいも→にんじん→鶏肉の順に入れ、
 底が隠れるくらいの水(分量外)と塩も入れ、
 蓋をして弱火で蒸していく
③たまに中を覗いてみて水分が少なくなってきて、
 じりじりとした音がしていたらさらに大3の水を入れて、
 たまねぎの色が変わってくるまで蒸していったら、
 分量の水を入れて全体に火が通るまで煮込んでいく
④米粉と片栗粉以外の調味料を、
 分量通りまずは入れて全体をなじませ味を見ていき、
 煮込みながら味を足して調整していく
⑤味が決まったら米粉と片栗粉を、
 1:1ぐらいでボウルに入れて同量の水で溶いていき、
 好みのとろみ加減になるまで入れていく
 全体をよく混ぜ合わせてなじませたら出来上がり

  
すべて手作りのカレーのポイントは、

スポンサーリンク

1)油は使わずに蒸し煮(ウォータースチーム)をしていく

ウォータースチームは水分の多いものを下にして、
逆に少ないものを上に重ねていき
少量の水と塩を入れて蒸していくこと。

こうしていくことで全体をしっかり加熱するだけでなく、
野菜のうまみや甘みをしっかり引き出せるんです。

2)発酵調味料でコクとうま味を、

カレーに味噌?と思いますが、
味噌がしっかりとコクを出してくれて、
さらに醤油を入れることでうま味もついてくれます

ちなみに味噌を入れる際はお味噌汁同様、
お湯で溶きながら入れると溶きやすく、
全体に混ざりやすくなります^^

 

食事だけでなくなんでもシンプルがいい

 
醤油は小1入れるだけでもしっかりとうまみが出るので、
必ず味見をして足していってください

そしてとろみをつけるための米粉と片栗粉は、
お湯ではなく水で必ず溶いてくださいね。
お湯を入れるとダマになって溶きにくくなってしまいます。

  
これらだけでも十分身体に優しくおいしく作れていきますが、
全体的に油を極力落としたいのであれば、
鶏肉の皮を剥いでおくだけでなく
あらかじめ茹でて油を落としておくことをおススメします。

ただ完全に加熱をしてしまうと、
鶏肉をカレーに入れて煮込んだ時に、
うま味があまり出なくなってしまうので
色が変わってきたぐらいを目安に茹でておくといいですよ^^

  
ちなみに市販のルウは、
割合などはメーカーにもよりますが、
ほとんどが油と小麦粉とそして添加物の塊

具材を煮込んでルウを入れればいいので、
簡単には作れますが私は今から市販のルウでのカレーは、
私も避けたいですし大切な人にもすすめられません。

所要時間もそんなに変わらないのに、
身体も心も喜ぶものが作れるのであれば、
安心できるシンプルなものたちを使って、
1から手作りしたいです。

 

まとめ

 
食事だけでなくなんでもシンプルがいい、
そう思って生活していってまだまだ何年も経っていませんが、
一番わかりやすく返ってきたことは、
心が安定していること、穏やかでいられることが増えたこと。

もともと割とおおらかな性格ではありますが、
(おおらかであり大雑把なO型です)
イライラすることは減りましたし、
昔よりものんびりしてきた気がします^^

 
食事は身体を作ってくれるもの、
身体だけでなく心もです。

食事や行動は、必ず必ず返ってきます^^

スポンサーリンク

-調味料
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.