調味料

トマトソースの調味料と簡単おいしい作り方、肉不使用のビーガンレシピ

投稿日:


(煮詰めすぎて汁気がほぼなくなってしまいました)

おうちでトマトソースを作るとき、
どんな材料で作りますか?

私はお肉を食べないですし、
添加物などの面から
市販のものは極力使いたくないので、
いつも手作りしています。

トマトソースを手作りというと
いろいろ材料を揃えたり
工程もめんどくさそうとも思うかもしれませんが、
簡単に作れてお肉を使わなくても
うま味がたっぷり
なソースの、
材料から手順などを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
  

トマトソースはシンプルな調味料でおいしく作る

 
お料理を作ることも食べることも大好き、

栄養士でメンタル心理カウンセラーのまやと申します。

  
手作りのおうちごはんは安心できるだけでなく、
大切な誰かや自分への
愛情表現だと私は思っています。

食事はあなた自身を作る大切なもので、
おいしく、楽しいもの。

そして「食」だけでなく「行」と「想」をも
「不自然」から「自然」へと正すことで、
本来の自然な私へと還ることができるはず。

幸せと健康を食事から作っていきたい

身体も心もホッとできる
おうちごはんのことや、
まだまだやれることはたくさんあるけれど
少しでも自然と近くなれる
生活の仕方についてなどを、
このブログでは書いていきたいと思います。

  
お肉不使用トマトソース

材料(約2~3人分)
・たまねぎ2個
・塩ふたつまみ
・トマトホール缶1缶
・味噌大2~3
・おろしにんにく少々
・醤油適量
・甜菜糖適量

トマトソースにコンソメも使わず、
しかも味噌!?と思うかもしれませんが、
決して間違いではありません(笑)

和風の調味料のみの
シンプルな材料でだけでおいしく仕上げるコツは、
たまねぎをたっぷり使うことと油を使わないことです。

 

簡単おいしい作り方のポイントは「ウォータースチーム」

 

手順
①たまねぎはみじん切りにしておくか
 フードプロセッサーにかけて、
 細かくしすぎずに粗みじんにしておく
②フライパンに①とふたつまみの塩と
 底が隠れるか隠れないかほどの水を入れ、
 蓋をして弱火で蒸していく
③フライパンの中の水分がなくなってくると
 ジリジリと音がしてくるので、
 そしたら大さじで少しずつ水を足していって
 たまねぎが透き通ってくるまで蒸していく
④たまねぎが透き通ったら
 弱火で加熱したまま他の調味料をすべて入れて、
 全体をよく混ぜて味見をしながら
 好みの味になるまで醤油か甜菜糖を足してできあがり

  
前章でも少し書きましたが、
おいしく仕上げるコツ
たまねぎをたっぷり使うことと、
油は使わず少量の水と塩のみでウォータースチームをして、
たまねぎ本来のうま味と甘みを引き出すこと
です。

そうすることによって、
コンソメなどの化学的な調味料を使わず、
動物を犠牲にしたりすることもせずにおいしくできて、
そしてたまねぎのうま味が出せると
腸内細菌を整えてくれるオリゴ糖がたっぷり摂れるようになるので、
腸にも優しくすることができるのです。
(ちなみにオリゴ糖は味噌にも含まれています)

スポンサーリンク

  

前にのせたこのシリーズのペンネを使って、
料理することが多いです。

 

身体も環境もよくするビーガンレシピ

 
ちなに私のおススメは、
たまねぎをさらにもうひとつほど入れて
割とザクザクと大きめに切ると、
食感を楽しめるだけでなく
さらにうまみを感じることもできます。


(先日購入した右上のトマト缶を使いました)

それからトマト缶を選ぶ時に気を付けたいのが、
ビタミンCを使っていないことと、
やはりトマトそのものが
オーガニックのものであること。
(もっと言えばできれば缶でなく紙パックがいいのです)

一般的に売られているトマト缶は
ビタミンCが使われているものが多いのですが、
ビタミンCは食品添加物の一種で
酸化防止剤として使われています。

つまり缶に入ったトマトが
時間の経過と共に酸化することを防いで、
腐敗しにくくうま味などを長持ちさせるための化学製品です。

先日添加物に関する記事でも書きましたが→食品添加物の種類と身近な危険性、なぜもはや「食べ物」ではなくすのか
「ビタミンC」と謳っていれば
聞こえがよくて身体に良さそうに思えても、
こういった酸化防止剤として使われるビタミンCは
体にとっては逆に良くなく

様々な症状を起こしやすくする原因となる
活性酸素を体内で発生させるのです。

  

お肉を使わないでも、
大豆やきのこや根菜などの野菜や
発酵調味料を摂り入れればさらにおいしくもなるし、
調味料含め動物の犠牲を出さないことで、
身体の内側をよくするだけでなく
畜産を減らせることにも繋がってゆけるので、
環境問題をもよくすることに繋がっていく
のです。

 

まとめ

 
肉不使用でも簡単に
うま味たっぷりのおいしいトマトソースを作るには、
シンプルな和の材料のみを使って
野菜のうま味を引き出すこと、
そしてそうすることによって、
化学的で動物由来の調味料を使わないでも
味はもちろん身体にもおいしく作ることができます。

  
ちなみに環境問題へ
もっと具体的にどう繋がるのかというと、
単純にお肉を食べる人が減れば畜産が減っていくので
畜産が減り頭数が減れば、
畜産のえさとなる植物や穀物を減らすことができる。

植物や穀物はそれらに使われるために、
森林破壊が行われているわけです。

遠い話と思うかもしれませんが
それでも実際に行われている現実であって、
食は社会問題などとも繋がること、
甘んじることは決してできないと思いませんか。

スポンサーリンク

-調味料
-,

Copyright© 食・行・想を正して、わたしへ還る , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.